« ショックだ...... | トップページ | CAS裁定の訳 »

2008年5月30日 (金)

メールをiMacに移行する(祐介の帰還)

いまWindows機で使っているメールソフトはThunderbirdである。OS/2時代はNetscape Messenger → Mozillaと使ってきたのでWindowsへの移行は簡単だった。Mailディレクトリの下にあるファイル(受信メールはInbox、送信メールはSent)を単純コピーしてやればOKだった。

さて、iMacではせっかくだから純正のMail.appを使いたい。Mac版のThunderbirdを使うっていう手もあるが、それだとSpotlight検索に引っかからないというし。

Mail.appはThunderbirdからのデータ・インポート機能を持っているというので、移行手順はこうか。

(1) Mac版Thunderbirdをインストール
(2) Windows版ThunderbirdのデータをMacにコピー
(3) Mac版Thunderbirdの最初の立ち上げ時に、(2)のデータをインポート
(4) Mail.appの最初の立ち上げ時にMac版Thunderbirdのデータをインポート

うー、なんかめんどくさいなあと思って、購入から3週間たっても移行していなかった。

そこで見つけたこの記事
ツボは、Mac版のThunderbirdをインストールする必要がない、というところ。言われてみればその通りだ。

で、この記事にあるようにやってみたのだが......。

ThunderbirdのメールデータをMac側にコピーして来たらMailの「ファイル」→「メールボックスを読み込む....」を選択し、Thunderbirdを指定する。ただこれだけで、しっかり読み込んでくれる。

という記述は大嘘。ファイル選択ダイアログを開いて、移行元フォルダーを明示的に指定する必要があった。

Mail_import01

(Mailを選択して...)

Mail_import02

(その下にあるデータのうち、移行するものを選ぶ)

ついでに言うと、

C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Dataにある「Thunderbird」フォルダをそのままMac上の「ホームフォルダ」→「ライブラリ」内にコピーしてやろう。

という記述も、ある意味嘘。移行元フォルダーをMacにコピーする必要はない。ファイル共有なりUSBメモリに書き出すなりして、直接インポートすればよい。

まったく、日経PCの人は実際にやってみたんでしょうかね?

コツを一つだけ。移行前にThunderbird側でフォルダーの最適化をやっておくこと。これをやらないと過去に削除したメールも移行されてしまうので。

|

« ショックだ...... | トップページ | CAS裁定の訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41366917

この記事へのトラックバック一覧です: メールをiMacに移行する(祐介の帰還):

« ショックだ...... | トップページ | CAS裁定の訳 »