« iMacがやって来た(サブタイトル「新たなるキーボード」) | トップページ | iMacを立ち上げた(帝国の逆シュート打て) »

2008年5月19日 (月)

例の試合

NHKの中継を見ていた範囲で持った感想。

●スローイン
前半終了間際のあのスローインの判定。たしかに誤審だと思う。
でも浦和さんは、岡田主審を信用しているのなら、あとからグダグダ言うべきじゃないし、信用していないのならばセルフジャッジせず、ボールをバレーの手から奪い取るべきだったんじゃないのかな。自陣ゴール近くの危険な場所なのに。その時間はあったと思う。

●後半キックオフ
明神がピッチにいなかったのにも関わらず、後半を始めてしまった審判団。これは「しね」問題並みに相当マズイと思うぞ。やるべきことをやってないんじゃん。


●ワニナレナニワ
ガンバの勝利の儀式はそんなにいけないことなのかね。そりゃ浦和の選手が内心むかつくとこまでは理解できる。が、だからと言ってむかつきを即行動につなげて良いのかというと、それはちょっと違うと思うぞ、都築。だいいち、5分も10分もやってた訳じゃないだろ。

スタンドでの小競り合いについては、テレビでは全く気がつきませんでした。

東京戦は未見なので、いずれ別のエントリーで。

|

« iMacがやって来た(サブタイトル「新たなるキーボード」) | トップページ | iMacを立ち上げた(帝国の逆シュート打て) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41256891

この記事へのトラックバック一覧です: 例の試合:

« iMacがやって来た(サブタイトル「新たなるキーボード」) | トップページ | iMacを立ち上げた(帝国の逆シュート打て) »