« Jリーグウイニングイレブン2008 | トップページ | まあしょうがない(J1第14節 対千葉戦) »

2008年6月24日 (火)

さよなら俺のアッズーリ(ユーロ2008スペイン対イタリア)

選手入場時にかかっている曲が、絶対聞き覚えがあるけど曲名がどうしても思い出せなくて「えれぇ気持ち悪い」だったのだが、ようやく判明。ついこの間iPodに入れたホワイト・ストライプスのセブン・ネイション・アーミーだった。どおりで最近聞いたことあるはずだよー。

スペイン 0-0(PK 4-2) イタリア

さて、ポルトガル、クロアチア、オランダと一位突破国が負けた時点でスペインに死亡フラグが立ったと思ったのだが、PK戦の末スペインが勝ち抜け。うーん、PK戦に持ち込めばイタリアが勝つとの確信はあったのだけど、残念。

試合は攻めのスペイン、守りのイタリア、それぞれの持ち味を存分に発揮した好ゲームで、まったく眠いとは思わなかった。パヌッチとキエッリーニの急造CBコンビを中心とするイタリアの守りは相変わらず堅い。相手選手が危険なエリアに入ってきたときのスペースの消し方、相手のボールコントロールの予測などなど、完璧な守備の連続で見ていて非常に楽しい。東京の試合において藤山のインターセプトを楽しむのと同じことである。

例えば前半25分の、ビジャの地を這うような高速FKをブッフォンが止めた場面。枠を捉えたいいシュートだったが、考えてみるとあそこしかコースがない。そこに誘うように壁を空けて打たせているので、まったく危険な感じがしなかった。ただし、壁のすき間をぴったり打ち抜くビジャも凄い。

PK戦もブッフォン対カシージャスとなればレベルが低いはずがなく、同じくPK戦となったクロアチア対トルコとはえらい違いで楽しめました。カシージャス凄すぎます。現時点でブッフォン、チェフをしのいでナンバーワンと言っていいかも。

さてドナドナドナドーニになってからどうもシャキッとしないイタリア。リッピの復帰があるかは分からないが、2010年に向けて選手の大幅入替は必至でしょう。年内の予選はともかく、本大会にデルピエロはいないだろうなぁと思うと、ひどく悲しい。代表ではとことん恵まれない選手だったね......。

|

« Jリーグウイニングイレブン2008 | トップページ | まあしょうがない(J1第14節 対千葉戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41634682

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら俺のアッズーリ(ユーロ2008スペイン対イタリア):

« Jリーグウイニングイレブン2008 | トップページ | まあしょうがない(J1第14節 対千葉戦) »