« さよなら俺のアッズーリ(ユーロ2008スペイン対イタリア) | トップページ | 美しく強いチーム(ユーロ2008決勝ドイツ対スペイン) »

2008年6月30日 (月)

まあしょうがない(J1第14節 対千葉戦)

ユーロの決勝はまだ見てない。結果も知らないので本日は情報遮断中である。大敵は、電車内で他人が持ってる日刊ゲンダイ、東スポ、夕刊フジ。

東京10人で耐えた83分 千葉に1-1ドロー (トーチュー)

今ちゃんのレッドカード判定は極めて妥当。ああなっちゃったらしょうがない。「レイナウドはシュート下手だし、塩田がコースを切っていたので大丈夫だったかも」という意見もあるようですが、やっぱあの状況になったら人間、倒しに行っちゃいますよ。分かっちゃいるのにエリア内でバレーボールアタックをするようなもの。えーと、佐原はバウンド目測誤りをもう一回やっているので、今夜の夕飯はおかわり禁止。

羽生さんのプレースキックは正直期待していないのだが(失礼!)、ファーの佐原にきれいに合わせたナイスアシスト。佐原は最近目立っているので意外だったが、J1初ゴールだそうである。おめでとう。

佐原が負傷治療でピッチ外に出ているとき、徳永とエメルソンが代わりをやろうとしていたけど、案の定速いクロスを入れられてレイナウドに決められた。これもしょうがない。私が千葉の監督でも、やはりあそこを狙う。城福さんじゃないけど、二人少ないシミュレーションは普通やらんわな。とはいえ、東京の選手ももっとダラダラ時間を使うなど工夫の余地はあったように思う。

というわけで佐原やりすぎです(笑)。ネタの点でもモニの立場を完全に奪ったと言える。

エメルソンと塩田はお疲れさま。エメの終了間際のドリブル突破、さすがに疲れているだろうと思ったら怒濤の動きで千葉の選手をごぼう抜き。最後は止められてしまったがあれは凄かった。塩田はPK強いよな、やっぱり。妻なんか「止めると分かっていたから、驚かなかった」だから凄いよな。あ、凄いのは妻の霊感の方か。

水曜の大分戦は、浅利が何とかしてくれるでしょう!

|

« さよなら俺のアッズーリ(ユーロ2008スペイン対イタリア) | トップページ | 美しく強いチーム(ユーロ2008決勝ドイツ対スペイン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41692894

この記事へのトラックバック一覧です: まあしょうがない(J1第14節 対千葉戦):

« さよなら俺のアッズーリ(ユーロ2008スペイン対イタリア) | トップページ | 美しく強いチーム(ユーロ2008決勝ドイツ対スペイン) »