« ユーロ2008三段落ち | トップページ | 突っ込みどころが満載で »

2008年6月 5日 (木)

歌う電車は愛がすべて

「歌う電車」消えゆく運命 京急の136両、交代へ (朝日)

 「歌う電車」。動き出す時の音が音階のように聞こえるため、そう呼ばれて親しまれている車両が京急電鉄にある。モーターのノイズを、「消せないなら、いっそ音階に」という遊び心から生まれたが、新車両の導入に伴い、今後5~10年で姿を消すことになりそうだ。当初は「耳障りだ」という声もあったというが、新旧交代で耳にする機会が少なくなるにつれ、名残惜しい「調べ」に感じるかもしれない。
 歌う電車は、98年2月から登場した「2100形」と、02年2月から順次導入された「新1000形」の1、2次車の計136両。

 「美声を発するノド」の役割を担っているのがシーメンス(ドイツ)製のモーターだ。電子楽器のような音色を奏で、誰が名付けたのか、「ドレミファインバーター」と呼ばれる。

 発車する際、速度を上げ、モーターへ流れる電流の周波数を段階的に引き上げると、音もつられて上がっていく。これが「歌う」メカニズムだ。「耳障りな音を音階にしてしまえという、シーメンスの遊び心からの発想」(京急広報宣伝担当)らしい。

新聞の「歌う電車」という見出しを見てなんじゃらほいと思っていたのだが、以下の記述を見て思いだした。

 だれかが音階を調べ、「ファ・ソ・ラ・♭シ・ド・レ・♭ミ・ファ・ソ~」に近いことも判明。

なあんだ、「スタイリスティックス号」のことか!

4年前、仕事で千葉ニュータウンに通うため乗っていた都営浅草線に、独特の音がする電車があることに気づいてました。それを個人的に「スタイリスティックス号」と読んでいたのです。電車の音と、スタイリスティックスのヒット曲「愛がすべて」のイントロがよく似てるんですよ。

論より証拠。聞き比べてみてください。似てるでしょ?

歌う電車

The Stylistics - Can'tGiveYouAnythingButMyLove(Covers Slide)

|

« ユーロ2008三段落ち | トップページ | 突っ込みどころが満載で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/41431958

この記事へのトラックバック一覧です: 歌う電車は愛がすべて:

« ユーロ2008三段落ち | トップページ | 突っ込みどころが満載で »