« 我慢は続くよ(J1第19節マリノス戦) | トップページ | インチキだったの? »

2008年8月11日 (月)

本当は悔しいんだろ(北京五輪 日本対ナイジェリア)

前半はテレ朝にて、後半はNHK BS1にてテレビ観戦。実況はまったく同じわけだが。

直近の親善試合やアメリカ戦を見ていないので最終予選との比較になるが、あのころに比べるとよっぽど戦えるチームになっていた。ナイジェリアの両脇が結構甘いこともあって、前半は安田が、後半は内田が再三チャンスを作り、あと一歩の場面の数はナイジェリアに引けを取らなかった。国際映像の統計によると、枠内シュート数はナイジェリアが6で、日本はほぼ倍の11。勝てない相手ではなかった。

選手はやれるだけのことはやったと思う。アトランタでのナイジェリア戦とは違って気持ちが切れることはなかった。この試合に関しては彼ら選手を称えたいと思う。弱いから負けたんだし、だから、もっと強くなるように今後も頑張ればよい。

一方、チームマネジメントという点では疑問だらけのチームだった。

チームに軸がなかった。アントラーズだと満男(小笠原)さんとか、ガンバならヤットさん(遠藤)とかいるでしょ。自分も含めて、(軸になる選手が)出てこなきゃいけなかったのに、いなかった。(内田のコメントより)

選手に「このチームには軸がない」と言わせてしまっては組織としてダメだろう。これからのフル代表で戦術面や精神面でのリーダーシップをとれる軸を養成するのも若年層代表の責務だと思うのだが、反町監督は調子の良い選手のセレクションに終始し、養成の意図が見られなかった点は大いに不満だ。

それに、エルゴラのコメントで監督と本田圭が真逆のことを言っている(監督=悔しくない。悔いはない。 本田=悔しい。悔いがある)のを読むと、反町クール過ぎというか、選手をやはり駒としてしか見ていないのじゃないかなあと。駒は期待した働きはしてくれた。でも相手の方が強かった。だから悔しくない...と。

オーバーエイジについても、大久保や遠藤は体調の問題で断念せざるを得なかったわけだが、その場合の危機管理は(協会も)考えてなかったんだろうか。FWならば柳沢、大黒、永井、我那覇、大穴で久保かゴン、中盤なら小笠原、鈴木慎吾、小林大悟、最終ラインなら松田、古賀、それこそ藤山など、今のフル代表とかぶらない実力者はいくらでもいたと思うのだが...。

最終戦は、オランダの意外なもたつきのせいで本気勝負となってしまった。「もう失うものはないのだから、五輪を、試合を楽しんで...」などとは絶対に思わないでほしい。消化試合にならなかったことを幸運と思って、オランダに一泡ふかすつもりでやってほしい。世界相手にどうしたら勝てるかを必死になって模索してほしい。ガチガチ引きこもりのカウンター勝負ってのも十分ありだと思うよ。

|

« 我慢は続くよ(J1第19節マリノス戦) | トップページ | インチキだったの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/42134711

この記事へのトラックバック一覧です: 本当は悔しいんだろ(北京五輪 日本対ナイジェリア):

« 我慢は続くよ(J1第19節マリノス戦) | トップページ | インチキだったの? »