« 大勝劇とオフト(ぷふっ)(J1第26節 対磐田戦) | トップページ | 10周年なのか »

2008年9月28日 (日)

栗澤を見に行ってきました(J1第27節 柏対川崎)

嫁さんはフランサ目当てで、私は栗澤目当てで行ってまいりました、国立。

20080927_00


いやあ川崎は強かった。FW陣の縦への速さが尋常ではなく、前半だけで4-0。去年の0-7でやられた多摩川クラシコを思い出しましたよ。こないだ東京はよく勝てたもんです。

柏はボールを奪われたときの帰陣が、川崎に比べて明らかに遅かったです。DFラインのすぐ前に位置する中村憲剛はそれを分かっていて、彼は柏の最終ラインと中盤の間のスペースを狙って次々とロングパスを繰り出す。すると、簡単に3対3、4対4と攻守同数の局面になってしまい、次々とゴールを許すこととなってしまいました。

栗澤は、30分過ぎにパスの出しどころを探しているうちにボールを奪われ2点目を献上。この試合では、彼とフランサの足元は明らかに狙われていました。後半は自分から仕掛けられる菅沼を入れたため、クリは前半で交替。前節の鹿島戦ではクリのところでボールが収まっていて効果的だったのですが、この日はクリの良さは出ていませんでした。

20080927_01

20080927_02


家に帰って録画を見たら解説が原さん。川崎がロスタイムに5点目を奪ったところで、
         原さん「(川崎は)もともと爆発力がありますからねえ」
実況の栗田アナ「原さんもいやな思い出があるんじゃないですか」
         原さん「ああ、ありましたねえ」

妻が「ハラヒロミ、立ち直るの早過ぎ」と突っ込んでおりました(笑)。

|

« 大勝劇とオフト(ぷふっ)(J1第26節 対磐田戦) | トップページ | 10周年なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/42626931

この記事へのトラックバック一覧です: 栗澤を見に行ってきました(J1第27節 柏対川崎):

« 大勝劇とオフト(ぷふっ)(J1第26節 対磐田戦) | トップページ | 10周年なのか »