« この負けは堪えたけれど(J1第21節 ダービー) | トップページ | クイーン強化月間 »

2008年9月 7日 (日)

苦い勝利(W杯最終予選バーレーン対日本)

憲剛のゴールで終わっていれば内容も勝点も得失点差でもほぼ完璧だったのに、最後は実に締まらない勝利。今ちゃんは見事に消えてるし、楢崎のGKは塩ちゃん並みにタッチを割ってしまうしで、試合の終わらせ方ちゃんと考えろよー、と。

両サイドバックはほとんど上がらず実にアウェイらしい戦い方だったのに、最後の軽い守備はちょっとね...。やはり気の緩みなのでしょうか。

まあとにかく、引き分けでも全然OKだったのに勝点3は、結果の点では上々の滑り出し。前線からのプレスはかなり効いてたし、後半40分までの出来で常にやれたら余裕で最終予選突破だと思います。

|

« この負けは堪えたけれど(J1第21節 ダービー) | トップページ | クイーン強化月間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/42407967

この記事へのトラックバック一覧です: 苦い勝利(W杯最終予選バーレーン対日本):

« この負けは堪えたけれど(J1第21節 ダービー) | トップページ | クイーン強化月間 »