« 秋春制は無茶だ | トップページ | さあ、突っ込んでください、ってか »

2008年10月 5日 (日)

戸田に手土産(J1第28節 対清水戦)

選手紹介時に、清水は市川がベンチスタートと分かったので「(清水では右サイドバックで使われている)戸田はベンチ外かな...」と思っていたら、なんと西澤(あとで調べたら、捻挫だったらしい)を押しのけてベンチ入りのアナウンス。スタンドからは盛大な拍手が上がったが、まさかロスタイムに戸田にだめ押しを叩き込まれるとは、誰も予想していなかったでしょう。

最初の10分くらいは赤嶺のシュートなどもあり、そう悪くなかったのだが、徐々に清水がペースを握りだす。なんかね、東京は中盤の人数で負けている。どう見ても白いユニフォームの方が多い。ナオは、この試合では右に張り出していたし、今野は左の方で漂うのみだったので中盤は浅利先生とキャプテン(!)梶山の実質2人だけ。一方の清水の中盤は4人のMFがボールを拾い続け、気がつけば東京は防戦一方に。結局、徳永の甘い守備が致命傷になって、山本真希にズドンと一発喰らう。あの相手に背中を向けて足をちょこっと出すだけのアリバイ守備はホントやめてくれなんだけど、今にして思うと失点は時間の問題だったということだろう。

そのあとも前半はいいとこ無く0-3でハーフタイム。後半は今野のワンボランチにして、大竹、エメルソン、梶山がよく動いて今度は東京がペースを握る。機を見て今野が攻め上がる回数も増え、実に厚みのある攻撃だった。今野はワンボランチのほうがタスクが明確になっていいんじゃないのかな?ただ、1点返したのは後半14分と理想的な時間だったけれど、そこから10分以内に追加点がほしかった。赤嶺のクロス→今野のヘディングが入っていれば勝負は分からなかったと思う。このあと岡崎にゴールを許し4失点目。これで東京の選手はシオシオのパーになり本日終了。せっかく3万も入ったのになあ。

まあ、今年は清水に相性が悪かった、と割り切るしかない。中盤は上記の通りだが、原と岡崎のツートップも素晴らしかったし。佐原と茂庭のCBコンビは高さでは負けていなかったが、スピードでは完全に負けていた。っていうよりこの日の岡崎は凄すぎ。1ゴール1アシストは連係というよりも個人の力で取ったもの。確かにこれなら代表に呼ばれても恥ずかしくない。彼は北京で何かを得て帰ってきたようだ。

札幌戦は勝ったものの内容は低調であったらしい。チームとして、今はやや下りの潮目なのかもしれない。城福さんは残り6試合全部勝つつもりでいるらしいけど、腹の中では別のことを考えていると思う。たぶんね、天皇杯を本気で獲りに行くんだと思う。

|

« 秋春制は無茶だ | トップページ | さあ、突っ込んでください、ってか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/42698460

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田に手土産(J1第28節 対清水戦):

« 秋春制は無茶だ | トップページ | さあ、突っ込んでください、ってか »