« さあ、突っ込んでください、ってか | トップページ | モリシ引退 »

2008年10月27日 (月)

これは一つの到達点(J1第30節 対鹿島戦)

20081026_01_2

20081026_02

20081026_03

城福東京は奇策、奇襲でなく鹿島に真っ向勝負を挑んで、そして、勝った。これほど嬉しいことがあろうか。鹿島の出来が悪かったかというと全然そんなことはなく、二つのゴラッソに象徴されるように、いつものように強い鹿島だった。残りの試合、東京は同じような試合ができるかどうかは分からないが、今日のような素晴らしい試合が出来たこと、これは忘れるべきでない。選手もファンも。

やや意外だったのは、鹿島は気合いが入りまくった東京をいなしに来るかと思っていたのに対して、試合の頭からガンガン攻めてきたことである。これは結果的には東京に有利に働いたと思う。平山の前線でのチェイスはふだんの50%増しに感じたし、長友がオーバーラップするスピードは半端ではなかった。そんな風に東京に火をつけてしまったのだ。

精度の上がったナオのプレースキックからカボレのゴール。ゴール前の4人がよってたかって押し込んだ2点目。そして相変わらず「神の子」な大竹。ゴール裏が「眠らない街」を歌うのを忘れるほど緊迫したゲーム終盤。一方、鹿島も興梠の勇気あるヘッドに田代の完璧なボールコントロール後のシュート。何回も見せた伊野波の豪快なサイドチェンジ。まさにハイレベルでしびれる試合。この試合をスタジアムで見た我々は幸せ者である。

|

« さあ、突っ込んでください、ってか | トップページ | モリシ引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/42915606

この記事へのトラックバック一覧です: これは一つの到達点(J1第30節 対鹿島戦):

« さあ、突っ込んでください、ってか | トップページ | モリシ引退 »