« 戸田に手土産(J1第28節 対清水戦) | トップページ | これは一つの到達点(J1第30節 対鹿島戦) »

2008年10月 8日 (水)

さあ、突っ込んでください、ってか

今まで新聞報道や雑誌のインタビューでしか出てこなかった秋春制について、会長自身の言葉で直接語ったこと自体は評価したい。が、その内容は、なんかもうね、現実離れしてるって言うか。「毎日100のアイディアを思いつくが、そのうち101のアイディアがくだらない」と評される、FIFAのブラッター会長並みというか。

JFA会長コラム「シーズン制の移行を考える」

まず冒頭で、ゲリラ豪雨だの熱中症の危険性を訴え、まるで観客のことを思っているようなことを書いてはいるが、比較検証が全くなく、説得力がない。

サッカーより試合数がはるかに多い野球を見てみろ。首都圏でいうと屋根のない千葉マリン、横浜、神宮で試合をやっているが、そこで観客の熱中症だの豪雨被害だのが深刻な問題になっているのかね?防止しなければいけないほど危険が高まっているとは思えないが。実際サッカーでも、豪雨落雷の時は審判の判断で、試合の中断や中止をしているじゃないか。

リーグなどでは、多くのサポーターがキックオフの2~3時間前に来て応援合戦を繰り広げます。夏の4時や5時はまだ強い日差しが残っており、熱中症のリスクが非常に高いんです。

こんなのはサポーター自身(それこそ、サポーターの高齢化が進んでいるのだから、みんないいトシした大人)がリスク対処すべき事柄。なんで協会やリーグが手取り足取りしなければならないのか? 第一、冬場に試合をやれば、風邪だのインフルエンザ集団感染のリスクが今以上に高まる。それはどうでもいいのか?

話はそれるが、キックオフの2-3時間前から応援を繰り広げているのは浦和だけなんじゃないのかね。 味スタは開門自体が2時間前だし。私もたまに早く来るが、ゴール裏が応援を始めるのは選手がウォームアップに出てくる、キックオフ45分前頃からなんじゃないの?

興行的にもメリットがあります。プロ野球など日本のメジャースポーツもオフに入る冬。メディアでのサッカーの扱いも圧倒的に増えるはずで、そこでサッカーに関心を持ってくれた人が、スタジアムやTVでサッカー観戦してくれるということにつながるはずです。

この楽観的観測もあり得ない。彼は冬のスポーツニュースを見たことがあるのかな? 例えば2月は、ラグビーはマイクロソフト杯や日本選手権を迎える一番重要な時期だが、テレビではプロ野球のキャンプレポートや、日本人メジャーリーガーが体づくりを始めた、なんてニュースばっかり。3月にいたっては、今でもJリーグの公式戦をやってるというのに、それよりも野球の練習試合(=オープン戦)のニュースが先に来てますよね。そして1月と3月は大相撲がある。最近不祥事に揺れているとはいえ、相撲報道はいつもサッカーより優先されているのが現状。シーズンを移行しただけでメディアの扱いが劇的に増えるなんて、妄想もいいとこ。

ヨーロッパの国々では、観客席に熱線を通したり、屋根から温風を出すといった対策がとられていますが、冷房設備を完備するよりは、暖房対策の方がはるかに低コストでできるので、採算が合うという見通しを明確に示せれば、改修に動き出す自治体もあるかもしれません。

なんでありもしない冷房コストを持ち出すのか。日本国内のスタジアムで冷房設備にコストをかけているところが、一体全体どこにあるのでしょうか? せいぜい札幌ドームだけですね。日本の夏の夜で一番暑苦しいところは、実は首都圏だと思いますが、味スタや国立で冷房の恩恵にあずかった経験はないのですが、これは私だけなんでしょうかね。あ、そうか。犬飼会長が観戦するようなVIPルームは、きっと冷房がギンギンに効いているんだね!

また、アフリカ選手権が1月に開催され、ガルフカップも同様にこの時期に行われますが、そうなると1~2月に国際Aマッチが数多く組まれることになりますね。

そんなもの、これらの大会は何年も前からこの時期に開催されているし、1-2月の国際Aマッチだって、別に増加してはいない。今年の東アジア選手権や、かつてA3を無理矢理2月にねじ込んだのは、いったい誰? JFAも深く関わっているはずですよね。協会が種を蒔いておいて、なにこの言い方。

結局一定の理解ができるのは、地域やクラブの賛同が得られないまま進めるつもりはないと会長も認識していること、選手会の一部の者は賛意を示していること(具体案なしに賛意を示すのは、いささか安易と思うが)、の2点のみであった。


どこかの掲示板でこういう書き込みがあった。

>>反対してる人は秋春シーズン移行のメリットを知らないんじゃなく
>>大きなデメリットを解消する方策を提示出来ない無能が
>>ごり押しするのに危機感を抱いてるんだよな

まさにその通り。豪腕といわれる犬飼会長だが、まずはその腕前とやらをFIFAやAFCとの交渉で見せてほしい。話はそれからだ。

|

« 戸田に手土産(J1第28節 対清水戦) | トップページ | これは一つの到達点(J1第30節 対鹿島戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/42723096

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、突っ込んでください、ってか:

« 戸田に手土産(J1第28節 対清水戦) | トップページ | これは一つの到達点(J1第30節 対鹿島戦) »