« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

天皇杯決勝には行きます

29日は出勤だった故に一切の情報を遮断して、帰宅してからNHK総合を録画したものにて観戦。エコパの東京G裏の人数がすごい。

勝負は内容では勝っていただけに残念な結果。赤嶺とカボレが意外にブレーキだった。フランサのあれはどうしようもないが、チュンソンに決められたのは残念だなあ。

録画を見終えた後、MXの「FC東京ホットライン年末スペシャル」を見る。城福さんが「リーグ6位は正当な結果」と言っていた。そう、それを思えば天皇杯セミファイナリストというのも正当な結果だろう。勝てる試合を確実に勝ちきれるほどの力は、FC東京にはまだない。それが現実。

元日の優勝を見られることを夢見て買ったチケット。金券屋さんに持って行こうかと思ったけれど、やっぱり試合は見に行くことにしました。夢は2009シーズンにとっておこうと思います。

それでは皆様よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

我那覇は神戸に?

千葉に断り 我那覇の神戸移籍が決定的に(スポニチ)

神戸はブラジル人FWも獲得したし、我那覇加入が本当なら赤嶺の神戸移籍はないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

戸田光洋選手の契約について

戸田光洋選手の契約について(清水公式)

帰っておいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

山形はチームカラーも変更へ

J初!再来年から漢字だけの「月山山形」へ (サンスポ)

チーム名変更はいいと思うが(センスがいいかどうかは別問題)、チームカラーってのはアイデンティティだからねえ、あまり変えて欲しくないのが正直なところ。神戸の色変更がどれだけ残念だったか。

ホームの青白ストライプはデポルティーボに似ているし、アウェイの鮮やかな黄色はビジャレアルみたいで、どちらも大好きだったんだけど。日本はストライプのユニが少ないので、チームカラーが変わってもストライプを通して欲しいな。

(おまけ)
上記サンスポの記事の筆者を見て一瞬
元日本代表ボランチかと勘違いした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

小澤竜己

今日のエルゴラを読むとトライアウトに参加した選手の一覧が載っていた。JFA会長の提灯記事よりもこういうのが価値が高いよ、エルゴラ。

そこで見たのが「小澤竜己」の文字。てっきりガイナーレ鳥取(JFL)への完全移籍が決まっているものだと思っていた私はビックリ。

小澤はレンタル先の鳥取で二桁ゴールを記録し、チーム内得点トップ。私は「小澤を評価した鳥取は完全移籍をオファーしたが、財務がヤバイので、移籍金が発生しないように東京が戦力外提示をした」のだと思いこんでいたが、どうも少し違うらしい。

元日本一エース・小沢“戦場”求めトライアウト (サンスポ)

つまり、コザは大竹の台頭によってはじき出されたということなのか。ノブさんの去った今、カボレ、赤嶺、平山、祐介、あと森村を入れてもFWの層は厚いとは思えないのだが...。何となくだが赤嶺は移籍するんじゃないかと思ってるし......。

コザがいいチームと契約できますように。

ちなみにトライアウトに池上は参加していたが、スズケンは参加していなかった。鳥取に移籍が決まっているのならばいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

シェリル・クロウ東京公演楽日@JCBホール

先週の金曜のことですが、シェリル・クロウのコンサートに行って来ました。

彼女がグラミー新人賞を獲ったのは1995年、スタジオ制作のアルバムは6枚なのでまだ若手~中堅の印象があるが、実は1962年2月生まれでもうすぐ47歳、プロ歴20年超のベテランである。白人は老けるの早いし、ガン治療もあったりしたので皺だらけになっているのではと心配していたが、いやいや若い若い。全然太ってもないし、推定8cmのヒールを履いての熱演でした。

前回公演ではしっとりとピアノの弾き語りなんて曲もあったのだが、頭の3曲が新作 Detour そのままの流れだったのが示すように、今回は新作中心かつロック色の濃い演目。前作 Wildflower からの曲は一切無し(あのアルバムは、彼女らしくなかった)。 で、お楽しみのカバーには I Can See Clearly Now (Johnny Nash)、Gimme Shelter (Rolling Stones)、そしてアンコールのHigher Ground (Stevie Wonder)を織り交ぜての2時間弱。

実は今回の席が最前列ということで、目の前のリードギタリストが気になってしょうがなかったんです。またこいつが本当に1曲ごとにギターを交換するんですよね。しかも普通のストラトとかレスポールは絶対使わない。テレキャスター3本にファイアーバード、ロン・ウッドの持ってるのと同じレスポール型でボディがメタリックなやつ等々、一筋縄でいかないギターばかり。実はストラト型のを1回使ったけど、あれも木目が普通じゃないモデル。判別できただけでも8種類のエレキを使い分けていて、マニアックに楽しんでしまいました。

アンコールでは全員がクリスマスのかぶり物をしての演奏。セカンド・ギタリストはレスラーみたいなサンタの覆面をかぶってました。苦しくなったのか1曲で脱ぎ捨ててましたが(笑)。

コネタ追記:
リードギタリストは、曲と曲の間でサッポロ黒ラベルを、アンコールではキリンラガーを飲んでました。

セットリスト追記:

続きを読む "シェリル・クロウ東京公演楽日@JCBホール"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月11日 (木)

入れ替え戦第1レグを見て

仙台の手倉森監督は、
 
 
ひょうきん族でアダモステをやってた人に似ている、と言ったら妻がバカ受けしてくれた。顔デカいし。
 
 
 
 
冗談はさておき。

この日の昼飯時、普段サッカーの話なんぞしない年輩の方が入れ替え戦の話を持ち出してきた。私に対してじゃないですよ。一緒にめし食ってる8人くらいの共通の話題として。
11時のNHKのスポーツニュースでも一番最初に入れ替え戦のニュース。9時台のニュースでもそうだったらしい。プロスポーツ唯一の入れ替え戦のせいなのか注目度高そうだし、来年からやめちゃうのって、もったいないんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

私的Jリーグアワード

ベストイレブン:
全チームまんべんなく見ているわけじゃないので公平とは言えないのと、東京の選手に甘いのにはご容赦を。北京五輪やACLでの印象も考慮してまして、要は今季「いい選手だなあ」と思った選手達です。フォーメーションは4-4-2で。

スタメン
 GK 川島永嗣 (川崎)
 DF 内田篤人 (鹿島)
 DF 佐原秀樹 (東京)
 DF 森重真人 (大分)
 DF 長友佑都 (東京)
 MF 青木剛 (鹿島)
 MF 中村憲剛 (川崎)
 MF 遠藤保仁 (ガ大阪)
 MF 小川佳純 (名古屋)
 FW マルキーニョス (鹿島)
 FW 柳沢敦 (京都)

リザーブ
 GK 楢崎正剛 (名古屋)
 DF 山口智 (ガ大阪)
 MF 細貝萌 (浦和)
 MF 高橋大輔 (大分)
 FW 岡崎慎司 (清水)
 FW 赤嶺真吾 (東京)
 FW チョン・テセ (川崎)


その他個人表彰:

MVP
 マルキーニョス

新人王
 長友佑都   次点:大竹洋平 (東京)

大化け賞
 佐原秀樹

こうなることは予想していました賞
 高原直泰 (浦和)


MVPは優勝に貢献したという意味でマルキーニョスですが、一番目を見張ったのは柳沢の覚醒でしたね。大化けというのは彼に失礼だと思うので、その賞は佐原に。

「きっと『このチームには小笠原も中田浩も本山もいないんだ。お前が点を取るしかないんだ』ってカトQさんに言われたんだよ」と妻が言ってましたが、私もそう思います。今なら代表に呼んでもおかしくないと思うけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 9日 (火)

あの日のことをつらつらと

「蒼い攻め達磨」さんところを見て思い出した。12月8日はジョン・レノンの命日だったんだなと。忙しさにかまけて、いろんなことを忘れてしまう日常。やだね。

でもね、私にとってレノンの命日は1980年12月9日火曜日なのですよ。ああ、今年も火曜日だな。

続きを読む "あの日のことをつらつらと"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

また落ちるのか...(J1最終節ヴェルディ対川崎)

スカパー!が見られないのでBS-iでヴェルディ対川崎を観戦。予想通りキックオフ直後から川崎が攻め込む。前半だけで川崎のCKは10回くらいあったっけ。しかし、この日も味スタのホーム側ゴールの枠に何かがいたらしく、川崎が決めきれない。

ヴェルディが何とかしのいでいた前半だったが、事件は26分に起きた。自分が洗い物で一瞬目を離した隙に笛が鳴って、主審の岡田さんがPKのジェスチャーをしていた。それだけでなく福西が一発レッド。


続きを読む "また落ちるのか...(J1最終節ヴェルディ対川崎)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

まにちぇんじぜぶぅりし~ん

田崎ペルーレの解散や、ヴェルディや徳島や岐阜の大量解雇、ホンダのF1撤退なんて話を聞くたびに頭の中で鳴っているがこの歌。

マネー・チェンジズ・エヴリシング/シンディ・ローパー

上のとは違うけど、ビデオクリップのロパ子おばちゃんはカッチョ良かったなあ。

AC/DCのMoney Talksが鳴ることもあるんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

冬が来る前に

ふきのとうだと思ってたら紙ふうせんだった。

東京V10人クビ、残留争い真っ最中に非情宣告

報知だから書けるのか、他紙記事にはない(*)予算云々のところが説得力がある。強化費が20億から7億に減額ってなんだそれは...。現場に死ねというのか。

* 12/1時点での話。朝日新聞によると18億→6億らしいが。

ベテランから切られるのはこの世界の常だが、服部、福西、土肥はバリバリのレギュラーだからねえ...(人のことは言えないか)。でも、あれだけいいユースを持ちながら何で強くなれないんだろう。日テレはコンテンツとしてのヴェルディを活用していないも同然だから、早く売却するなり、完全別会社にするなりすればいいのにと思う。そのほうがクラブも日テレも幸せになれるのではないか。

てなことを考えていたら、サニーサイドアップとか吉本興業に経営参加を打診しているらしいという記事を見かけた。

外部の参加を求めるのはいいけれど、サニーサイドアップは大黒のマネジメント会社だよね。吉本興業もスポーツ選手のマネジメントを手がけている。経営側と代理人が同じになりうるというのは、あまりよろしくないんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

エルゴラのJFA会長インタビュー

水曜版エル・ゴラッソで先週、今週と犬害JFA会長のインタビューを載せています。来週も続くらしいです。最後まで読まずに批判するのもナニですが、一つだけ気がついたことを書きます。

「この人、いい商品を作れば客は黙ってついてくると思いこんでいる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

最終節、今ちゃんがまたやらかす予定

えーっと篠沢教授今ちゃんが終了間際に引導を渡すゴールを叩き込むに全部。

いや正直、千葉に落ちて欲しくはない。

そして、緑が川崎相手に引き分けるのさえも無理だとは思うのだが(川崎はマジで7-0くらいで勝つと思う)、ここのところの千葉守備のグダグダを見てると、東京から勝点3を奪えるとは到底思えない。

......羽生さん......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

ホーム最終戦の呪縛から解放(第33節 対新潟戦)

ホーム最終戦って、私が味スタに行くようになってから勝ってなかったんだよねー。

2003年 対ヴェルディ  飯尾のアホたれのゴールで追いつかれ引き分け
2004年 対千葉  梶山の一人時間差ゴールで何とか引き分け
2005年 対川崎  スーペルササゴールで何とか引き分け
2006年 対浦和  素晴らしい内容で浦和の優勝を阻むが、ゴールは奪えず0-0
2007年 対大宮  イノryのヘタレた守備で終了間際に失点して負け

まあ、2002年の伝説の溝落ちにも立ち会ってたんだけど、実はアウェイ側のSS指定席で見ていたという黒歴史なので上記のカウントに入れていない(回りの席はガラ空きだったというのも、今では信じられない事実)。

昨日のホーム最終戦は決して内容がよかったとは言えないが、何とか勝点3をもぎ取ることができ、しかもそれがセットプレーからだったというのは、今シーズンのチームの成長を象徴する試合に見えた。

2008113001

2008113002

2008113003

2008113004

続きを読む "ホーム最終戦の呪縛から解放(第33節 対新潟戦)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »