« 恐れていたこと?が | トップページ | ハラヒロミJFA技術委員長に就任か »

2009年1月28日 (水)

J移籍市場ほぼ終了

ダビ、ヨンセン、我那覇、永井の移籍や、ヴェルディの大量解雇などで華々しく幕を開けた移籍市場だったが、各クラブの新体制発表もほぼ終わった今になってみると大物の移籍は少なく竜頭蛇尾に終わった感がある、と「ダビ」で韻を踏んでみました管理人です。

現在の代表クラスで移籍した選手は高木和道くらい。前年は千葉のレギュラー5人に駒野、本田が移籍、そして高原の国内復帰があったのに比べるとかなり地味だ。お、と思わせるのは古橋(セレッソ→山形)くらいか。

東京関連だと、トライアウトに参加してJに場所を求めていた小澤は結局ガイナーレ鳥取に完全移籍。リチェーリ、増嶋、池上、スズケンもそれぞれ完全移籍。信さんは引退。番外で、土肥はヴェルディと再契約、福西は早々と引退だ。戸田は指導者を目指すことが濃厚らしい。そんな中、まだ2009シーズンのプレー場所が不明な選手がいる。

そう、馬場憂太だ。山形への期限付き移籍は満了したが千葉の新体制に名前がない。千葉でつけていた背番号8は、今季は中後選手の番号になった。かといって千葉退団の公式リリースはない。戦力外だったらとっくに発表があるはずで、発表がないのは憂太と千葉は複数年契約を結んでいるからではないかと思う(あくまでも管理人の想像です)。で憂太は移籍先を模索中、と...。

こんなことならさっさと東京に戻って来て、城福さんに鍛えてもらった方がいいと思うのだが。栗澤とエメルソンのいない中盤には、使うタイプがもう一人必要な気もするし。

|

« 恐れていたこと?が | トップページ | ハラヒロミJFA技術委員長に就任か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/43882604

この記事へのトラックバック一覧です: J移籍市場ほぼ終了:

« 恐れていたこと?が | トップページ | ハラヒロミJFA技術委員長に就任か »