« シオちゃんが虫垂炎 | トップページ | ソースネクスト »

2009年2月12日 (木)

予想通りのスコアレスドロー(W杯最終予選日本対オーストラリア)

NHK BS1でテレビ観戦。

すごく緊張感の高い試合で、内容はそんなに悪くなかった。というか今まで見た岡田ジャパンの試合の中では一番だったかもしれない。日本は根気よくパスをつなぎ、少しだけユーロ2008のスペインの香りがした。でも日本にはフェルナンド・トーレスはいない(ビジャっぽい選手はいるけど)。今の日本のやり方だとサイドが起点になることは必然なのに、岡ちゃんはちびっ子だらけの前線を好んでいて、そこをどう辻褄を合わせるのだろうか。

典型的なのが後半34分。長友のクロスに飛び込んできた日本代表選手は完全に相手の前に入り、ジャンプのタイミングも完璧だったが、それが巻でも今野でもなく玉田だというのがちょっと間違っているような気がする。東京ファン的には「だから赤嶺か平山呼んどけよ」なのだが、客観的には、そこは前田遼一じゃないかなあ。

4試合終わって勝点8。「ホームで勝ってアウェイで引き分け」のペースで星勘定的には全く問題ないが、実態は「アウェイで勝ってホームで引き分け」なのが営業的には問題だわな。それにオーストラリアからすると引き分け上等な試合で、その通りになってしまったのがなんか面白くない。俊輔もかなり不満そうでしたね。

|

« シオちゃんが虫垂炎 | トップページ | ソースネクスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予想通りのスコアレスドロー(W杯最終予選日本対オーストラリア):

» 派遣切られたorz [ジャマランディ]
昨年末で派遣契約切れて、本気でヤバかったけど、 リアル友達に教えてもらったコレでなんとかホームレスにならずにすんだ(笑)   [続きを読む]

受信: 2009年2月12日 (木) 16時19分

« シオちゃんが虫垂炎 | トップページ | ソースネクスト »