« 秋春制の検討は継続?あほか。 | トップページ | WBCのトーナメントがワケワカンネ »

2009年3月14日 (土)

これはしばらく我慢が続きそうだ(第1節第2節感想)

ようやく金曜日の夜に開幕の新潟戦をJ Sports(なんだあのバーサスバーサスと、「気持ち」しか言わないアナは。テレ朝かよ)の録画で見て、今日は第2節の浦和戦をTBSの中継で見た。

新潟戦の後半と浦和戦に共通するのは

  1. 選手交代がまるで効果がなかった
  2. 相手選手の素早い動きにまるでついて行けてない

こと。

まず1.について、選手交代についてあれこれ言うのは後出しじゃんけんであることを承知で言うと、布陣を変えずに選手を替えた交代であったことが疑問。前線の選手が良くないというよりは、そこまでボールが行かないのが問題だと見えたので、あえてFWを削って中盤を厚くしたほうが良かったのではないか。そうでなければ平山を出して、相手のプレスを避ける中盤省略のサッカーという手もあったと思う。

2. についてはフィジカル・コンディションの問題なのだろうか。相手に振り回される一方で常に後手を踏んでいた。まともにボールを奪いに行ってかわされるばかり。劣勢が明らかであるときには一時撤収するなど、やり方を変えることができてもいいと思うのだが。それは戦い方がぶれることとは違うと思うのだが...。

何となくだが、たぶん5月くらいまでは今の状況が続くだろう。次節とそのあとのナビスコ2試合は結果が出ないことを覚悟してみたほうが良さそうだ。

|

« 秋春制の検討は継続?あほか。 | トップページ | WBCのトーナメントがワケワカンネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/44344545

この記事へのトラックバック一覧です: これはしばらく我慢が続きそうだ(第1節第2節感想):

« 秋春制の検討は継続?あほか。 | トップページ | WBCのトーナメントがワケワカンネ »