« 勝ったのはいいけれどさ(W杯最終予選 日本対バーレーン) | トップページ | サッカー界 3月の言葉より »

2009年3月31日 (火)

規郎にツンデレ(ナビスコ第2節 対神戸戦)

試合終了後席を立ち、コンコースに出てゴール裏にさしかかったところで聞こえてきたのは「左で~決めろよ~俺たちのノリオ~」のチャント。試合中にあれほどブーイングして、く●ったれとか銭ゲバとまで言っておきながらこれですか。まったく皆さん性格歪んでます(笑)。イノryの時はこんな雰囲気まったくなかったが......。まあ規郎は天然で、イryはやや腹黒だからなあ.........。

20090329_01

東京神戸ともに課題を抱えたチームで、前半はいささか退屈な内容。東京はパスが3本繋がるような場面がなく長いボールを蹴るばかり。それを神戸が拾い続け たので押し込まれる時間が長かったが、かといって決定的なピンチがあったわけでもなし(というか、神戸もけっこうグダグダだった)。羽生さんは元気だ。浅利は守備に徹して上がりを自重している様子。

退屈なので一緒に言った妻は、U席中央のいつも同じ席にいらっしゃる、ビールの飲みっぷりのたいそう良いお方のチェックに余念がない。10分に1杯のペースなもんだから、ビール売りも慣れたもので通りかかるたびに視線を送っている。

まあなんだかんだで、大竹のスルーパスやむっくんの突破など前半の終わりになって東京の動きがよくなってきた。で、59分の大竹ゴールに繋がるわけですが (繋がってんのか?)、あの瞬間だけはボールが素早く動いた。意図的な緩急ではないと思いたいが(笑)。まあ、これで4試合連続で得点に絡んでいるカボレ と、またもや決勝ゴールの大竹はそれなりに流石である。

センターバック起用の今野は、中盤でオロオロしているよりかは良かった。藤山ばりのインターセプトも見せたし。羽生さんもいつもの運動量に加え、意外と言っては失礼だが両サイドへの長い散らしも見せ、今日のMVP。あと佐原とむっくんがよかったね。妻もようやくむっくんの顔を覚えたようで「かわいい」と申しておりました。前夜に見た長友の出来があんまりだったので、次の磐田戦はむっくんの先発もありかなと思う。

20090329_02

|

« 勝ったのはいいけれどさ(W杯最終予選 日本対バーレーン) | トップページ | サッカー界 3月の言葉より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/44511096

この記事へのトラックバック一覧です: 規郎にツンデレ(ナビスコ第2節 対神戸戦):

« 勝ったのはいいけれどさ(W杯最終予選 日本対バーレーン) | トップページ | サッカー界 3月の言葉より »