« 自滅です(J1第6節 対千葉戦) | トップページ | クリンスマン解任 »

2009年4月20日 (月)

半押しのスイッチ(J1第6節 対千葉戦)

毎度のことですが、国立開催の時はバックスタンドのソシオ専用エリアで観戦することになるわけです。今回はUとG2共通という設定でしたが、ソシオ専用エリアであることには変わりない。2点目を食らった瞬間、一斉に、まるで大潮が引くように人が帰りはじめましたよ。メインの場合、ソシオでない方もかなりいらっしゃるのでしょうが、ウチらの回りは100%ソシオですからねえ。まあ、それだけ情けない試合をしたということです。相手が東京より強かったのならばあきらめもつくけど、この日は完全に自滅・自爆ですから。自分たちでなんとかできることをやってないわけですから、これが情けない。と、憮然として、嫁に愚痴をたれながら国立をあとにしました。

ナオ→鈴木の交代の意図は、やり方は変えないでこのまま2点目を取りに行こうというものだったと思う。ここの見方は選手、観客ともに一致しているのではないか。ただし、ナオが疲れてきてるようには見えなかったのだが...。

一方、米本→浅利の交代の意図は見る人によって様々だったようだ。私は守備重視でこのまま試合を終わらせるつもりと見ていたのだが、metrocolorsさんのような「羽生の守備タスクを減らしてより攻撃的に行くため」という見方は新鮮だった。試合後のインタビューを読むと城福さんは「3枚目のカードを切って、スイッチが入った時に急ぎすぎた」と言っているので、浅利投入も攻撃的に行くという意図が正解だったのだろう。

ただ、足の止まった守備ラインの選手は蹴るばかりで攻める気はなかった。つまりスイッチは入っていなかった。これは「大竹スイッチ」との優劣ではなくて、ピッチ上での意思統一の問題。ピッチ上の監督が欲しいね。ベンチの言うこと「だけ」を一所懸命やらなくたっていいじゃん。

|

« 自滅です(J1第6節 対千葉戦) | トップページ | クリンスマン解任 »

コメント

見習いたくないのかもしれませんが、浦和や鹿島の攻めるとき、守るときの切り替えは素晴らしいですよ。

投稿: | 2009年4月21日 (火) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/44730972

この記事へのトラックバック一覧です: 半押しのスイッチ(J1第6節 対千葉戦):

« 自滅です(J1第6節 対千葉戦) | トップページ | クリンスマン解任 »