« 半押しのスイッチ(J1第6節 対千葉戦) | トップページ | フェーズ5になったそうですが、 »

2009年4月28日 (火)

クリンスマン解任

ついにバイエルン・ミュンヘンがクリンスマン監督を解任。後任はユップ・ハインケス。残りわずか5試合となった今になって解任だが、下手したらチャンピオンズ・リーグ出場権を逃しかねない現状では致し方ないのだろう。今季はカーンの抜けたDF陣に信頼関係が成立しないままここまで来てしまった。攻撃もリベリー依存が変わらないままだったし。

こないだ見たバルサ対バイエルン、4-0の試合は悲惨だった。クリンスマンの表情にドイツW杯の頃の生気はなく、「こりゃあもうおしまいだな」と思ってはいたのだが。彼はモチベーターとしては優秀だと思うが戦術家とは思えないので、誰か優秀なコーチとセットで採用しないと今後もだめなんじゃないかな。

Jリーグで最初に監督のクビが飛ぶのは、5月9日10日の試合終了後と見たが、さて。

|

« 半押しのスイッチ(J1第6節 対千葉戦) | トップページ | フェーズ5になったそうですが、 »

コメント

ドイツW杯 3位はクリンすまんの力でなく、
レーブ さんの戦略のおかげです。
マガトにバイエルンに戻ってきてほしい。

投稿: ぶんです | 2009年4月29日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/44821113

この記事へのトラックバック一覧です: クリンスマン解任:

« 半押しのスイッチ(J1第6節 対千葉戦) | トップページ | フェーズ5になったそうですが、 »