« UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝を前に | トップページ | フクアリ寒すぎ(キリンカップ チリ対ベルギー) »

2009年5月29日 (金)

化け物のようなチーム、バルセロナ

チャンピオンズ・リーグ決勝を、フジテレビの放送を録画して観戦。

バルサを応援しますと書いたものの、実際の勝ち負けはユナイテッドが有利だと見ていた。今季バルサがもっとも手こずった相手がチェルシー。そのチェルシーと比べユナイテッドの守備力は同等、前線のテクニックではユナイテッドが明らかに上。今季のバルサは相手に押し込まれたことがない。そんなバルサをユナイテッドならば押し込むことができそうだ。そうなればバルサはパニックになるのでは、と考えていた。

最初の10分までは予想した通りの展開だった。ユナイテッドが押し込み、クリスチアーノ・ロナウドの数々のシュートがバルサゴールを襲う。しかし、そんな状況をあっさりとひっくり返したのはイニエスタだった。低い重心のドリブルをユナイテッドの選手は誰も止めることができない。彼は右サイドでフリーになってたエトーにパスを通すと、そのエトーが軽く切り返して右のアウトでシュート。実にあっさりとゴールが生まれた。

ここからは今季あきれるくらい何度も見た、いつものバルサ。イッツ・ポゼッション・ショータイムだった。リヨンやバイエルンやレアルをボコボコのチンチンのケチョンケチョンにしたときには「まあ相手は今年、よくないからなあ」と思ったが、ユナイテッド相手にそれをやってのけてしまうとは。いったい何なんだ、このチーム。化け物かよ。2-0にした直後に気がゆるんだのか1回完全に崩されたが、ビクトル・バルデスがナイスセーブ。本当のピンチはこれくらいだった。おめでとう、バルセロナ。

今季のバルサがよかったのは、まず重大な怪我人が出なかったこと。たとえば、レギュラー3トップの内一人は怪我で離脱中というのがこの数年の恒例だったが、今季はエトー、メッシ、アンリともに大した怪我なく乗り切った(おかげで出番の激減したボージャンはかわいそうだったが)。

そしてもっとすごかったのはシャビとイニエスタの活躍。この試合の2ゴールのアシストも彼ら。この二人が前線の高い位置で相手ボールを全部拾って即攻撃につなげてしまう。スペースがなくてもパスを通したり、ドリブルやワンツーで突破してしまう。これは相手にとってたまらない。バロンドールはメッシになるのかもしれないが、個人的にはシャビとイニエスタの連名であげたいと思う。

ロナウジーニョやデコを中心にビッグイヤーを獲った3年前よりも、破壊力とか凄味という点では今年のチームが遙かに上。とにかく馬鹿みたいに強かった。もう笑っちゃうしかないくらいに。チャンピオンズ・リーグでは、有名選手を金でかき集めたクラブが順当に勝ち上がる傾向が顕著だが、バルサの場合この日の先発11人の内下部組織出身者が、出戻りのピケを入れて7人。これは文句のつけようがない。このチームを冬に日本で見られる!!!と思ったら、今年は中東開催だったんだねクラブ・ワールドカップ......。

|

« UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝を前に | トップページ | フクアリ寒すぎ(キリンカップ チリ対ベルギー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/45164649

この記事へのトラックバック一覧です: 化け物のようなチーム、バルセロナ:

» ユナイテッドアローズ スーツ [ユナイテッドアローズ スーツ]
ユナイテッドアローズにて上手にスーツを買う方法。 ユナイテッドアローズのスーツって上手く買えばかなり良い物買えちゃいますよ。 他スーツの手入れやスーツの知識など。 [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 17時16分

« UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝を前に | トップページ | フクアリ寒すぎ(キリンカップ チリ対ベルギー) »