« 世界の社食から(サンパウロFC編) | トップページ | クリスティアーノ・ロナウドもレアルへ »

2009年6月 4日 (木)

久々の国立での勝利(ナビスコ第5節 対山形戦)

山形のチャントってサタデイ・イン・ザ・パーク(シカゴ)なのね。初めて気がつきました。

国立に着いたのは北斗が負傷する少し前のころ。北斗がタックルを受ける瞬間、「あ、これはやばい...」と感じた。重傷でないことを祈ります。

今振り返ると、その辺が東京にとって一番よくない時間帯だった。U自由席の雰囲気がどんよりとしていて明らかに悪い空気。ただ、交代で出てきたむっくんがガッツのあるプレーでとても良かった。あの出来であれば藤山がベンチ外になるのは残念だが仕方ない。というか、むっくん先発でよかったかも。

と、この辺で山形のキーパーが遠藤大志であることに気がつく。ナビスコとはいえ、Jリーグの試合、初出場ではないか? (後で調べたらやはり天皇杯以外では初めての出場だった)。プロ契約した甲斐があったというものだ。

草民のプレーは初めて見た。もっとドリブラーかと思っていたら、意外に堅実なプレー振り。良くも悪くも新人という感じはしなかった。

全体としては東京が個の力で山形をねじ伏せたっていう印象。東京のプレーが組織だっていなかったということではなくて、両チームの組織力は同等で、その上に乗っかる個で勝るほうが勝った、という意味でね。

これでグループリーグ突破が見えてきた。清水戦は引き分けでもいいのかな?

|

« 世界の社食から(サンパウロFC編) | トップページ | クリスティアーノ・ロナウドもレアルへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/45230421

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の国立での勝利(ナビスコ第5節 対山形戦):

« 世界の社食から(サンパウロFC編) | トップページ | クリスティアーノ・ロナウドもレアルへ »