« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

赤嶺

FC東京・赤嶺、今週中にも磐田移籍合意 (スポニチ)

赤嶺「次の試合に集中」 (トーチュー)

なんだか慌ただしくなってきたけど、トーチューの記事を読むと移籍は無いんじゃないのと思う。そう信じたい。

赤嶺が出場機会を増やしたいと思うのは分かるけど、そもそも前田とジウシーニョのいる磐田で先発できるのか?タイプとしてはカレン・ロバートとまるかぶりだと思うのだが。

しかし、磐田の安直過ぎるオファーには笑える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

石川直宏ロング・インタビュー

トーキョー・マニア 石川直宏インタビュー (182 Channel)

うまねんblogのmurataさんが「婿にするなら石川直宏」と書いていたので思い出した上記インタビュー。冊子が配布される調布在住の方
以外はあまり知らないかもと思い、紹介してみました。「結婚するとしたら、一番理想を考えると、自分の母親のような人がいいんだろうな、と。」と言ってますので、お嫁さんは苦労するかもしれないです(笑)。

この記事、他選手のインタビューより相当ページ数が多く、かつ濃い内容です。ご担当の某嬢の力の入れ方が違うわー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

すんごいもん見ました(J1第15節 対清水戦)

20090627

直前の、枠にロックオンしていた30m級ロングシュートを見て「今のナオには神が降りてるなぁー」などと思っていたのだが、例の決勝ゴールを見てそんな生やさしいものではないんだと実感した。あのシュートを生で見た人は、これから一生自慢していい。

今年のナオのゴールは、彼の「頭脳」を感じさせるものばかりだ。連携して崩したゴールしかり、昨日のような個人技で決めたゴールにしてもそう。ちょっと前のNHKでのインタビュー通り、「ここに打てば決まるよ」というスポットが見えているという言葉に説得力がある。

試合としては結構苦しい内容(特に後半)だったが、勝ててよかった。ナビスコで手こずった長沢とヨンセンの二枚を前に並べられてたら決壊していたかもしれないが、長沢はベンチ外で助かった。カボレはルーカス降りてるよねー。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

いきなり来ましたよ、冬開催が

来季J閉幕が年末ずれこみへ (報知)

12月は確実にリーグ戦があり、下手すると2月にもあるということ?
ACLのスケジュールがどうなるかによっては、代表クラスの選手は本当にオフがないシーズンになりそうだ。

もっと心配は、これを既成事実にして秋春制がなし崩し的に進められること。

しかし、アジアカップは他の大陸別選手権と違って開催時期が一定しないのが頭が痛いところだ。何かいいアイディアは無いのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソン死去

米人気歌手マイケル・ジャクソンさんが死去(ヤフー)

ほんと?

熱中夜話の放送が間近だというのに...。

BS熱中夜話「マイケル・ジャクソン・ナイト」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

最近かなりびっくりしたこと

「鈍重」の読みを、40年以上も「どんちょう」だと思ってた...。

(正しくは「どんじゅう」)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

Mac OS X版IBM Lotus Symphony v1.3を使ってみる

IBM Lotus SymphonyはOpenOffice.orgと同系統のオフィス・スイート。なので機能的には同じはず。それをわざわざ試すのは、OpenOffice.org v3 + ATOK 2007の組み合わせでちょっとトホホなことがあったので、Symphonyでは改善されているか確認してみたかったのが理由です。あ、試したのはMac OS X 10.5対応版で、6月10日にv1.3に上がったばかりのものです。

ダウンロードは無料だが、IBM idの登録が必要です。あと、転送速度は非常にそれなりなので、時間のあるときに気長にダウンロードしたほうがいいですよ。

で、使ってみる。......あ、こりゃだめだ。ATOKなりことえりをオンにしての日本語入力で、インライン変換ができない。はい、さよならぁ。

20090618_symphony

左下が日本語入力ウィンドウね。

(悔しいことにWindows版では、問題なくインライン変換が可能です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

狸つながり

徳島ヴォルティスクラブマスコットデザイン発表及び名称公募について

四国出身者の私としては「徳島=たぬき」というのはごくごく自然である。たぬきが出てくる民話が多いのだ。まあこの辺を読んでくれ。しかしいっぺんに二匹かよ。

これで四国各県の代表的クラブマスコットのモチーフはこのようになった。

愛媛FC             柑橘類(みかん、オレンジ、伊予柑)
カマタマーレ讃岐   釜玉うどん
徳島ヴォルティス   たぬき


となると、南国高知FCは...

土佐犬かな。まさか鰹じゃないよな。調べてみた....



"その名も「カットゥーオ」です!!" 


orz.......魚類かよ......なのに足が生えてるよ...。ガットゥーゾが聞いたらどう思うんだよ...イタリア語で「カツオ」はやばいだろ...。久々に落ち込んだよ......。


注:
正確には、「カ」にアクセントの「カッツォ」はやばい。「トゥ」にアクセントなら多分何とも思われないはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

初ゴール祈願

清水に勝ったのはいいけれど、東京って若いアタッカーに初ゴール与えすぎだよなあ...

大津......

迫......

前......


はっ!!!??

するとなんだな、リーグ戦無ゴールのうちの選手にも「大」をつけてみるか。


大カボレ

大平山(相撲取りか)

大浅利(吟醸酒みたいだ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日焼けしました...(ナビスコ第7節 対清水戦)

いやあ暑かったですね。家に帰ってみると腕が日焼けで真っ赤。

20090614_01

この日の2ボランチは基本的に米本が前で、梶山が後ろ。梶山から米本への「ほら、もっと前に行けよ」というメッセージのこもったパスがとても多かったと思う。まあ、米本はボールを持つととたんに動きが硬くなってしまうのはご愛敬。それでも後半、積極的にシュートまで持って行ったのはよかった。なかなか枠に行かないところを含めて、浅利の正当な後継者現るという感じかな。

一方、パサーのメッセージが伝わらないのが祐介で、パスを出す側は祐介のスピードを活かそうとしてスペースに流し込むんだけど、受ける祐介は止まった足下に欲しがるもんだから...何というかもっと話し合いをした方がいいんじゃないかなあ。

あと、試合の終盤、バルサみたいにパスを回して相手をいなそうとするのはいいんだけど、10本に1回必ずミスが出るんだよなあ。ロスタイムだけで2回もかっさわれそうになったのには悪いけど笑ってしまった。

と、まあ贅沢を言えばきりがないが、FW以外はベストメンバーの清水に勝ったのは大きいと思う。開幕当初を思えば、ナビスコ予選1位通過は上々の出来。選手個人で言うと、平松は落ち着いたプレー振りで○。だいぶJ1に慣れてきたか。ナオは相変わらず神。草民も結構イケてた。もっとシュート打て。権田のPKストップはグダグダになりかけた試合をぐっと引き締めた。

20090614_02

20090614_03

さてこれで決勝トーナメント進出。場内には「ソシオメンバーには優先販売が...」っていう放送が...なんか違和感......。家に帰って気がついた。去年一昨年と年間チケットは準々決勝のチケット込みだったのに今年は含まれていない。これって実質値上げじゃん。今まで気がつかなかったよ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

クリスティアーノ・ロナウドもレアルへ

読売ジャイアンツレアル・マドリード補強状況。

カカ → 発表済み
クリスティアーノ・ロナウド → ユナイテッドが移籍に合意を発表
リベリー → 無理っぽい
ビジャ → レアルのトーチューことマルカの発表だからなあ...
パブリュチェンコ → 馬とトレードか

前線ばっかですが、それでいいのか...?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

久々の国立での勝利(ナビスコ第5節 対山形戦)

山形のチャントってサタデイ・イン・ザ・パーク(シカゴ)なのね。初めて気がつきました。

国立に着いたのは北斗が負傷する少し前のころ。北斗がタックルを受ける瞬間、「あ、これはやばい...」と感じた。重傷でないことを祈ります。

今振り返ると、その辺が東京にとって一番よくない時間帯だった。U自由席の雰囲気がどんよりとしていて明らかに悪い空気。ただ、交代で出てきたむっくんがガッツのあるプレーでとても良かった。あの出来であれば藤山がベンチ外になるのは残念だが仕方ない。というか、むっくん先発でよかったかも。

と、この辺で山形のキーパーが遠藤大志であることに気がつく。ナビスコとはいえ、Jリーグの試合、初出場ではないか? (後で調べたらやはり天皇杯以外では初めての出場だった)。プロ契約した甲斐があったというものだ。

草民のプレーは初めて見た。もっとドリブラーかと思っていたら、意外に堅実なプレー振り。良くも悪くも新人という感じはしなかった。

全体としては東京が個の力で山形をねじ伏せたっていう印象。東京のプレーが組織だっていなかったということではなくて、両チームの組織力は同等で、その上に乗っかる個で勝るほうが勝った、という意味でね。

これでグループリーグ突破が見えてきた。清水戦は引き分けでもいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

世界の社食から(サンパウロFC編)

サラリーマンNEOの中のコーナーで、セクスィー部長と並んで好きなコーナーです。昨日の社食はサンパウロFCのでした。

リンク先、サンパウロの人口は100万どころではないと思いますが.....。それはさておき、サンパウロFCは自前のスタジアムを持っているせいもあり、スタジアム内にある社食利用者はメインテナンス担当と事務方合わせて500人もいるそうです。東京の現場以外のスタッフは何人だろうね。100人いるのかな。

選手や下部組織の子達は映っていませんでしたが、入団テストを受けに来た子供たちが社食を利用してました。フェイジョアーダ美味そうですね!コパ・トーキョー行こうかな...。

(再放送は今日の深夜2時半からBS2にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »