« この夏初めて、蝉の声を聞きました | トップページ | お知らせ »

2009年7月 6日 (月)

ササの葉さらさら(J1第16節 対神戸戦)

20090706

やべっちFCを見てたらナオのショート・インタビューがあって、「(ゴール時の)トラップは狙い通り」という発言にびビビりまくった筆者です。でも妻は狙い通りだったと信じてくれないんだ(泣)。日曜にダビに抜かれてしまいましたが、土曜開催の試合終了時点ではナオは得点ランキングトップタイ。NHKのJリーグタイムの表示では、文字コード順のソートだとダビが先頭に来るはずなのにナオの表示が一番上ですぜ旦那。シーズン半ばで東京の選手がトップにいるのは初めてなんじゃないの? トゥットの時はどうだったんだっけ。

試合はNHK BSで録画観戦(実況はタシーロ)。とにかくナオのシュートがことごとく枠に行くのが驚き。ここまでシュートが的確に枠に行く選手を見るのはササ以来(トゥットはけっこう、数打ちゃ当たるタイプだった記憶が...。ここら辺記憶があいまい)。シュート時の動きに全く迷いがない。少なくとも今の日本代表FWは持っていない「決定力」なるものを、ナオは完全に会得してしまった。そうとしか思えない。ここまですごいと怪我が無性に怖くなる。今後マークがどんどんきつくなるだろうからね。とにかく怪我だけは勘弁してくれ。

カボレは、あれが決まってよかったね。正直言うと、シュートが左ポストに当たる「カツン!」という音が頭の中で鳴ってた。ごめん、カボレ。ヨネはボッティに肘打ち食らったりしてかなり苛められてたなあ。

神戸は、カイオ辞任前のエルゴラで、「守備に関する約束事がない」とツネ様が言っていた状態からはだいぶ前進した様子。前半のきついプレスに東京はかなり手を焼いて、ロングボールしかなかったな。後半になったらなぜかプレスが弱くなったけど、あれは体力的なものかね?

日曜にガンバと広島が足踏みしてくれたので、なんと東京が5位に浮上。で、得失点差がマイナス1っていうのは一体なんぞ(笑)。

|

« この夏初めて、蝉の声を聞きました | トップページ | お知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/45554168

この記事へのトラックバック一覧です: ササの葉さらさら(J1第16節 対神戸戦):

« この夏初めて、蝉の声を聞きました | トップページ | お知らせ »