« さて、32カ国決まったわけだが | トップページ | 「2位ではだめなのか」 »

2009年11月24日 (火)

背脂こってりらーめん「鐵」(J1第32節 対千葉戦)

今回はアウェイSS席前から2列目という、ピッチレベルに限りなく近いところで見ました。いつもの2階席やテレビで見るのと違って迫力が違う。選手や城福さんの声もよく聞こえるし、視角が大きくなるので選手の動く速さが5倍くらい高速に見える。逆に、全体的な連携がどうだったかはさっぱり分かりません。この状態でロングパスを通したり空いたスペースを見つける選手はすごいものだなと。

全体が分からないなりでの感想ですが、選手が一所懸命にやっているのは感じましたが、試合後の拍手には抵抗あったなあ。負けて当然に思えたし。ナビスコ決勝にチームのピークを持って行った城福さんの手腕はすごいですが、ここに来てさすがにない袖は振れないという感じです。振り返ってみれば、10月のU-20ワールドカップに日本が出場していたら権田、米本、椋原、大竹あたりが代表に取られていたわけでゾッとしますな。

東京は、巻が負傷退場したあと出てきたネト・バイアーノには手を焼いていましたね。つーか、千葉は普通に先発の選択ミスなんじゃないかと...。


「次節、カボレ、浄、ナオ、モニ、長友、梶山、平山がいない状態でどないせーちゅうんじゃ...」と、試合後は冷え切った体と心を癒すべくラーメン屋を探したのですが、これがなかなか見つからない。フクアリへの途中にあるつけ麺屋さんは残念ながら定休日。スタジアムから蘇我駅を挟んで反対側で見つけた「旨みこってりらーめん鐵」に入る。

20091122

味噌もやし太麺800円。
注文すると背脂の量を聞かれるのだが、デフォルトが「がっつり」ということなので、さすがに少なめを頼む。しかしそれでもスープは十分くどく、結構うまい。麺の太さは味噌だと自動的に太麺になり選べない。ここは細麺が食べたかったなあ。合わせて餃子を頼む(380円)。味噌だれを付けて食うのだが、これもうまい。

カウンターでとなりに座っていた50歳前後と思われるジェフサポ男性二人。
A「スカパーにJ2セットってあるんだっけ」
B「確かありましたよ。J1J2セットより少し安いはず」 (注:実はだいぶ安い)
A「でもJ1の試合って見なくなりますよねえ」
B「ですよねえ......」

オチはありません。

|

« さて、32カ国決まったわけだが | トップページ | 「2位ではだめなのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/46847528

この記事へのトラックバック一覧です: 背脂こってりらーめん「鐵」(J1第32節 対千葉戦):

« さて、32カ国決まったわけだが | トップページ | 「2位ではだめなのか」 »