« ナビスコカップ決勝の小ネタ | トップページ | 自分用メモ »

2009年11月 5日 (木)

しあわせな一日(ナビスコカップ決勝 対川崎戦)

ナビスコ決勝選手紹介ビデオ (YouTube)

リンク先映像では赤い字がほとんど見えないので補足しますと、

「2009.10.2」
「2016年オリンピック開催地」
「リオデジャネイロに決定」
「東京落選」

「B U T 」

「泣くな東京」
「笑えよ東京」
「俺たちがいるじゃないか」

「川崎からお越しの皆さん」
「俺たちの国立へようこそ」

こんな感じでした。あ、「東京落選」は私の脳内補完がはたらいているかもですが、とにかく、つかみはオッケー。これを見た時点で「今日は、珍しくビデオでは川崎に勝った!!」と私は確信しましたね。


試合の感想ですが、川崎の出来は決して悪くなかった。相手にとって危険な地域でのパスが回っていたのは、東京ではなくむしろ川崎の方だと思いますし、前半19分にジュニーニョがやらかした宇宙開発が入っていれば、多分川崎が勝っていたでしょう。

ただし、こうも思っていました。川崎は何か普段と違うと。シュートが枠に行かないジュニーニョもそうですが、最初に気がついたのは川崎の布陣。基本、中村憲が右でレナチーニョが左で、普段とは逆サイドに位置していました。あと、セットプレーにおいても中村憲ではなく森に蹴らせてみたり、ゴール真正面で十分直接狙える位置なのに、裏に浮かせる球を蹴ってみたり。ジュニーニョではなくレナチーニョを下げてしまったのや(ちなみに、私はここで『今日は勝った』と本当に確信しました)、最後にFWを増やすしかなかった采配を含めて、川崎は何かおかしかった。やんごとなき事情でテレビ観戦だった嫁は「川崎の自爆」と評していましたが、まさにそんな感じでした。

実は私は、「東京は、決勝用城福スペシャルな布陣で来るのではないか」と思っていました。つまり、奇襲奇策の類です。控えを含め個の力(特に前線)の足し算では明らか川崎に分があります。力の劣る方が奇襲を仕掛けるのはある意味、戦法の定石。何せ「日替わりセンターバック」をやってましたからね。しかし東京は奇襲はしなかった。押し込まれるのは相手がある以上しょうがない。しかしやろうとしていることは普段通りのサッカーでした。

勝敗を分けたのはこの辺かな、と。

決勝のあとは味スタでの優勝報告会に参加しました。丸一日外にいたせいで、寒気と乾気で目も鼻の中も痛いし声は枯れ気味でしたが、何とも幸せな気持ちいっぱいで眠りにつきました。いやー、優勝って本当にいいものですね。


おまけの小ネタ:

優勝報告会に行くときに見た味スタユーロスポーツの看板。

20091105

セール期間短すぎwww

|

« ナビスコカップ決勝の小ネタ | トップページ | 自分用メモ »

コメント

「川崎の自爆」は、「川崎は東京に自爆させられた」が正しい表現であります。
ジュニーニョではなくレナチーニョの交代は不思議に感じたけど、やっぱり川崎は強くて、
でも、その川崎を自爆に追いやった城福トーキョー、おそるべし!!
ってことが言いたかった。。。

投稿: 嫁 | 2009年11月 6日 (金) 00時33分

>嫁さん、コメントありがとうございます。

...って家庭内で何やってんだ>俺

なるほど、計画的に川崎を自爆に追い込んだというわけですな。

今後も勝手に登場させますんで突っ込みよろしくm(_ _)m

投稿: thisiskwbr | 2009年11月 6日 (金) 00時47分

こんにちは、thisiskwbrさんおよび嫁さん。
コメントでのやりとりに、お二人の和やかな日常が垣間見れて、非常に楽しかったです(笑)。

投稿: コール | 2009年11月 6日 (金) 16時50分

コールさん、こんばんは。

和やかだなんて照れますな。実態を知ればうわ何をすくぁwせdrftgyふじこlp

投稿: thisiskwbr | 2009年11月 7日 (土) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/46673280

この記事へのトラックバック一覧です: しあわせな一日(ナビスコカップ決勝 対川崎戦):

« ナビスコカップ決勝の小ネタ | トップページ | 自分用メモ »