« 勝手にFC東京アワード2009 (1) | トップページ | 平さん大丈夫かいな »

2009年12月21日 (月)

勝手にFC東京アワード2009 (2)

CHONOさんのコメントのおかげでw、ネーミングのハードルが高くなりました(滝汗)。では個人賞発表のつづきです。
 

カムバック!賞 ブルーノ・クアドロス

昨年もナビスコカップでは良いプレーを見られたが、シーズンを通じて怪我に泣かされ、ほとんどエバウドと化していた。最近のフロントの流れからして「2009年は契約なしか?」と思われたが、めでたく契約継続(たぶん複数年契約だったんだろう)。今季は城福東京ver.2009の看板「4ボランチ(ちなみに流行語大賞次点)」の一角として大活躍。得意の攻め上がりは減ったものの、手堅いフィードは確かに佐原、茂庭が持っていない貴重なスキル。やべっちFCで見事な足技を見せたのも記憶に残る。東京の財政難のせいで移籍せざるを得ないのは非常に痛い。痛い。痛い。よって二重の意味を込めてカムバック!賞を授与します。

とにかく、ボランチに悩むクラブはブルーノと下村東美をセットで獲得汁!


プレイヤー・オブ・ザ・イヤー 石川直宏

選考に一切の悩みなし。エルゴラ12/16号の読者投票でも圧勝だったね。とにかく「凄い」の一言だった。

ただし、昨年後半からブレイクスルーの兆しはあったことは言っておきたい。昨シーズンは第21節の国立でのヴェルディ戦以降、カボレ-赤嶺-石川の3トップが基本布陣になったのだが、カボレが左に開くことが多かったせいもあり、ナオが中でストライカーの仕事をする場面はけっこうあった(5-1でバカ勝ちした磐田戦がその典型)し、ナオのコーナーキックから初めて点が生まれたのも去年のこと。

さらにさかのぼれば2007年シーズン、どこかの記事で、「サイドに開いているように」という原監督の指示に悩んでいるナオのことを読んだ記憶がある。つまりナオは新しいプレースタイルを模索し続けてついに今年、ものにしたんだと思う。

模索し続けた結果、ナオはスタイルではなく余分な力を抜くことを覚えた。悪い意味での熱血プレーはすっかり影を潜め、視野が広くなった。その結果プレーの力みが消え、シュートやクロス、プレースキックの精度が上がった。視野が広くなったので左や中央にスムーズに入っていけるようになった。あと大きいのは羽生さんの影響かな。ナオが言及しているのを読んだことはないんだけれど、羽生さんの動きがナオに良い手本、良い刺激になったのでは...などと私は勝手に想像している。

つうかね、ナオは伸び悩んだまま終わってしまうのか...と思っていたのを裏切ってくれたのがホント嬉しかったのよ。とにかく今は怪我をじっくり治してもらって、来季の、そして南アフリカでの活躍を祈ろう。

(To be concluded...)

|

« 勝手にFC東京アワード2009 (1) | トップページ | 平さん大丈夫かいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/47077848

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にFC東京アワード2009 (2):

« 勝手にFC東京アワード2009 (1) | トップページ | 平さん大丈夫かいな »