« モニ戦力外か...... | トップページ | 教えて偉い人 »

2009年12月15日 (火)

J2クラブをナビスコカップに!

来年のJリーグ日程の大枠が発表されたわけですが、ナビスコカップ予選リーグは今年と同じく7チームずつ2グループによる運営となりました。この「勝ち抜けは7分の2」というレギュレーションは
・肝心の最終節に試合なしのチームがある
・W杯のような4分の2勝ち抜けに比べて、消化試合がどうしても増えてしまう
という理由でなんか好きじゃないんですよね。

一方、来季のJ2は19チームとなり、ついに2回戦総当たりに移行します。これにより試合数は今年の51から36に激減します。クラブの収入となる主催試合数で行くと25か26から18への減少です。

同時に、J2のチーム数を最終的には22チームまで増やし、J3を作る計画もあります。昇格降格3チームずつだとして、そのどちらにも関係しない中位チームが10以上発生する可能性があります。するとJ2シーズン終盤の10試合くらい消化試合が続くわけで...。いくらプロだと言っても選手だって人の子。モチベーションを保つのが難しくなるのは必然でしょう。

そこで、私が強く推したいのは「J2上位中位クラブのナビスコカップへの参加」なんですよ。


目的は主にJ2中位チームのモチベーション維持、J2への注目度向上、主催試合数の増加による収入増。J1チームにとってはレベルの落ちる相手との試合が増えるのでメリットなさそうですが、ナビスコはベストメンバー規定の完全な適用外として、控えメンバーの底上げを図る機会とするというのはどうでしょう。今だってナビスコ予選リーグに幾ら先発出場しても、「ベストメンバー」としてカウントされないという、「部分的適用外」なわけですし(出典: リンク先PDFの14頁に「直前のリーグ戦5試合」って書いてある)。

東京イナゴにとっては、未だ見ぬアウェイグルメとの遭遇機会が増えるというメリットもあります。

レギュレーションは例えばこう。
仮にJ1の4チームがACLに出場するとして、ACLに出ないJ1の残り14チームと、J2の前年度4位-10位のチーム、J1から降格の3チーム、これらを合わせて全24チーム。これを4チームずつの6組に分けホーム&アウェイでリーグ戦を行う。決勝トーナメントに進めるのは各組の1位と2位、ACL出場チームの合計16チーム。決勝トーナメントは1回戦のみホーム&アウェイ。準々決勝準決勝は一発勝負。決勝は今と同じ国立(ホントいうと、中立地会場での持ち回り開催にしたい)。

準々決勝準決勝も、天皇杯との差別化のためすべてホーム&アウェイにしたいのですが、J1チームにとっての試合数をこれ以上増やすのは日程上難しそうなのでやむなく一発勝負にして、決勝までの最大試合数11を保ちました。オールスターとスーパーカップを廃止すると完全ホーム&アウェイが出来そうですけど。日程調整と、あとスポンサー様の説得は偉い人が考えてくれ(笑)。

|

« モニ戦力外か...... | トップページ | 教えて偉い人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/47027780

この記事へのトラックバック一覧です: J2クラブをナビスコカップに!:

« モニ戦力外か...... | トップページ | 教えて偉い人 »