« 勝手にFC東京アワード2009 (3) | トップページ | 2009年に買ったCD »

2010年1月 2日 (土)

12/31高校サッカー選手権1回戦(等々力)

新年あけましておめでとうございます。今年もマイペースで好き放題書いていこうと思います。

大晦日は、高校サッカー戦選手権1回戦を見に行った。家から近いのは駒沢か等々力。カード的には駒沢が魅力的だったが、結局等々力を選択。けど、埼スタでやってるくらいなんだから、味スタでもやってくれないかなあ。

1試合目は奈良代表一条高校と宮城代表東北高校。東北高校は今ちゃんさんの出身校ですね。

Pict0159

会場に着いたときにはすでに東北が先取点を取ってましたが、内容は一条が圧倒。選手個人のテクニックも、チームの連携も上。支配率は感覚的には7:3くらい。ただ、最後の最後で崩しきれてはいない。

後半はバックスタンドに移動。寒い!売店のわかやしかしわやが開いていたのでソースカツ丼をいただく(駒沢にせずに等々力にしたのは、この売店の存在のため。開いててよかった)。

Kc290169

ピンぼけで申し訳ない。一条応援団にはあの方も来ていた。

Pict0161

後半、一条が追いつきその後も一方的に攻めていた。しかし75分、一条は自陣ゴール前で痛恨のファウル(警告2枚で一条の3番が退場)。これで得たFKを東北の10番が決めて勝ち越し。そのまま2-1で東北が勝利。一条の選手の多くはホイッスルと同時に倒れ込んでいた。そりゃそうだ、内容は圧勝だったものな。でもこれがフットボール。

Pict0163

動画(日テレ)


2試合目は福島代表尚志高校と愛媛代表松山北高校。松山北は昨年の大会で草民のいた國學院久我山と当たってボロ負けしたチーム、と言えば記憶のある方もいるでしょう。

立ち上がりすぐのビッグチャンスを松山北がシュートを打ち切れずにつぶすと、そこからは尚志ペース。地力では尚志がやや上のようであっさり2点を取る。「一方的になるかな...」と思ったのだが、ここから形勢逆転。というか尚志にイージーミスが多く、相手へのプレゼントパスを連発。松山北の9番が非常に俊敏で再三チャンスを作る。松山北は前半終了間際にセットプレーで1点返し後半へ。

ここで気づいたのだが、松山北のブラスバンドが非常に上手い。アレンジが凝っていて音に厚みがあるし、何より音の耳あたりが柔らかくて大人びている。調べてみたら、吹奏楽コンクール県大会で金賞だった。道理で上手いはずだよ。

松山北のバスは愛媛FC仕様だった。

Pict0166

後半も松山北ペースで進むが、後半半ば過ぎにセットプレーから尚志が追加点。松山北はこれでがっくり来たのか、直後にもう1点奪われ(きれいなループだった)結局、尚志4-1松山北で終了。でも点差ほど実力差はなかったように思う。

動画(日テレ)

これで2009年のサッカー生観戦は終了。2010年はたぶん東アジア選手権が最初になるでしょう。

|

« 勝手にFC東京アワード2009 (3) | トップページ | 2009年に買ったCD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/47186052

この記事へのトラックバック一覧です: 12/31高校サッカー選手権1回戦(等々力):

« 勝手にFC東京アワード2009 (3) | トップページ | 2009年に買ったCD »