« すぴーどすたー | トップページ | 東アジア選手権@味スタ »

2010年1月14日 (木)

ようやくSnow Leopard

年末年始にかけて、買ったまま熟成中(盗作)だったSnow Leopardを自宅iMac(2008年4月モデル)にインストールしました。

ただiMacは、Wiresharkを入れるためによくわからんモジュールをぶち込んだりコマンドを打ったりしたせいなのか、一部に挙動不審な動きがあったので、一度Leopardをクリーン・インストールしてからSnow Leopardで上書きすることにしました。

しっかしOS Xの再インストールって無茶苦茶楽ですね。インストールから最新レベルのパッチ(iLifeやiWorkのパッチを含む)を当て終わるのに2時間かからない。Windowsだと一日仕事だもんな。「Windows UpdateのUpdate」なんて空しいことしなくていいし。データの復旧も楽勝で、Time Machineでバックアップを取ってさえいれば、復旧の操作自体はほんの一瞬ですむ。

そんなこんなできれいなLeopard環境を構築した後、ここでもう一回バックアップを取って、本編のSnow Leopardのインストール。OSのアップグレード自体は、画面表示上の予測時間は55分だったものの、実際は30分かからずに終了。気になるHDDの空き容量ですが、

Leopard

Leopard

 

Snow Leopard

Snow_leopard

最初は「うわ、10GB以上も空いた」と絶句しましたが、よく見るとキロバイトの数え方が違う。Leopardは1K = 1024、Snow Leopardは1K = 1000。それでも3.4GB以上空きました。

Snow Leopard化以後は、過去7年分のメールをため込んでいるMail.appの動きが軽くなったような気がします。あとこれはTigerの機能が復活しただけだそうですが、アプリごと(厳密には書類ごと)に日本語入力オンオフのステータスを持てるようになったのが嬉しい。また、プリンター・ドライバー更新をOS上からできるのは非常に便利。ブラウザ立ち上げてエプソンやキャノンのサイトを探し回らなくていいですからね。

動かないはずのToast 9も、いまのところ問題なく動いています。そのほか使っていて気がついたことがあれば追々記事をアップしていきます。

|

« すぴーどすたー | トップページ | 東アジア選手権@味スタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/47210920

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくSnow Leopard:

« すぴーどすたー | トップページ | 東アジア選手権@味スタ »