« サクラサク。開幕近し。 | トップページ | 青赤なオフ会vol.3 »

2010年2月26日 (金)

冬季オリンピックも終盤ですが、

よく居酒屋レベルで言われる話で「税金投入しているんだから、結果出してほしいよなー」なんて人がいますね。例えばこの人。

【記者】明日から、バンクーバー・オリンピックが始まりまして、選手団も現地入りしてますが、知事として、期待のほどを。

【知事】期待しているよ。それだけです。だから壮行会で言ったんだ。「楽しむだけじゃだめだぞ」「必ず勝ってこい」って。「勝たにゃ国民満足しないよ」って。どっかの選手が、オリンピックで、「私は後悔しておりません、楽しんできました」って。それなら自分の金で行きゃいいんだ、そんなものは。国費を費やして養成した選手が、惨敗して、楽しんできましたじゃ、これ、国民報いられないよ。ますます予算つかなくなるよ。

(2月12日都知事会見より)

確かに国費の投入はあるんですけど、それは「国費を費やして養成」というほどの額なのでしょうか。

日本の強化費としてつぎ込まれる税金は、ソースによってやや幅がありますが、これによると年20億強。FC東京の年間予算にも及びません。国民一人あたりにすると年間17円。

20億円をバンクーバー五輪日本選手団のうち選手(約100人)で均等割りすると年間2000万に過ぎません。そしてもちろん、この20億円は今回の代表選手だけで使い切るお金ではなく、選手を支えるスタッフや代表から漏れた他のトップレベルの選手や、夏季オリンピックの選手強化費にも振り分けなければなりません。

長野金メダリストの清水さんの言うとおり、全体的な削減はやむなしとは思いますが、もともとが小さい額だということは認識して、安易に「税金を投入してるのだから...」などと言うのはやめたいものです。

ちなみに2016年五輪招致活動でつぎ込まれた税金は、3年間で100億円でした。少なくとも都知事には「おめーが言うな」って言い返したいですね。

 

「スポーツ後進国 日本」

「銅メダルで狂喜する、こんな馬鹿な国ない」

|

« サクラサク。開幕近し。 | トップページ | 青赤なオフ会vol.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬季オリンピックも終盤ですが、:

« サクラサク。開幕近し。 | トップページ | 青赤なオフ会vol.3 »