« 昨日のJリーグタイムは神懸かり | トップページ | マイ・タンブラー割引廃止 »

2010年3月 8日 (月)

いやー、難儀勝ち(J1第1節 対マリノス戦)


0-0でしのいでしのいで、後半ロスタイムに決勝ゴールなんて勝ち方は久しぶりじゃないの?記憶に出てこないわ。

中盤を山瀬、狩野、兵藤らのテクニシャンに制圧され、長谷川と渡邊のところでポイントも作られ、マリノスに攻められっぱなしの苦しい展開でした。特に前半の東京は、北斗の2本のシュート以外何もなかったんじゃないのかな。とはいうものの、録画で見直してみたら、ペナルティエリア内で決定的な仕事はさせていない。危なかったのは兵藤のシュート1本のみ。ありゃ、案外DFライン強固かも。

急造ボランチの徳永はかなり苦労していたね。マリノスも徳永を二人三人で囲いに来るなどして明らかに狙っていた。普通に考えると経験者の今野、北斗、高橋をここに持ってくるところだけど、そうはしないのが今年の城福さんの選択。ゲームキャプテンも徳永だし、かつて原さんが梶山を、去年の城福さんが平山を辛抱強く使ったのと同じで、徳永を一皮も二皮も脱皮させようという狙いなのだろう。それに今年は登録選手が少ないからいろんなところができないと困る、という現実的な理由もあるだろうし。しばらくはファンも辛抱すべし。

次節の相手、浦和の試合を録画でチェック。後半に自らバランスを崩して完敗だったけれど、少なくともこの日のマリノス並みにはパスを回してくる。次節も中盤では同様に苦労すると見た。ただし浦和の両サイドバックは割と穴なので、そこを突くような展開が出来れば6年ぶりの浦和戦勝利が見えてくるかもです。

|

« 昨日のJリーグタイムは神懸かり | トップページ | マイ・タンブラー割引廃止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/47755952

この記事へのトラックバック一覧です: いやー、難儀勝ち(J1第1節 対マリノス戦):

« 昨日のJリーグタイムは神懸かり | トップページ | マイ・タンブラー割引廃止 »