« しゅーと君 | トップページ | 多摩川クラシコ・プロモーション »

2010年3月15日 (月)

なんかくやしい(J1第2節 対浦和戦)

TBSにてテレビ観戦。しかし毎度のことながら、TBSのJリーグ中継はちょっと勘弁だな。スタメン紹介より中継スタッフのクレジットを先に流すとか、後半キックオフに放送再開が間に合わないとか、その放送再開後しばらく時間表示をしない姑息さとか、ホントやめてくれ。ただし、例のオフサイド判定の場面を、放送終了時のスポンサー紹介の背景で再度流したのは○。

森重退場のあとでどういう布陣にするのか。普通に考えれば徳永、北斗、鈴木を一列ずつ下げるんだろうけど、前半のうちにナオを投入してきた城福さんにしびれた。だって前半の残り2-3分でだよ。有効な攻撃が出来る時間があるとは思えない。少し待って後半頭から、というのが普通でしょ。「絶対勝つ!」というメッセージがびしびしと伝わってきた。

後半も赤嶺梶山の矢継ぎ早の投入と、まさに攻め達磨。前節と同じで、先に足が止まったのは浦和だっただけに、結局は退場が響いた。ハンデ無しで見たかった。悔しい。

大事なのは連敗しないこと。徳永は前節よりだいぶよかったし、センターバックは平松で心配ないが、課題は攻撃だね。赤嶺の調子がなかなか良い様子。次は頭から見たいかも。

ところで、きっと次のセレッソ戦では「偽アマラオ」っていうゲーフラが出るんだろうな。

|

« しゅーと君 | トップページ | 多摩川クラシコ・プロモーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/47818082

この記事へのトラックバック一覧です: なんかくやしい(J1第2節 対浦和戦):

« しゅーと君 | トップページ | 多摩川クラシコ・プロモーション »