« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月20日 (火)

1992年4月20日フレディ・マーキュリー追悼コンサート

20100420_01

南東京青赤団のお二人が「クイーンの来日コンサートには全部行ってる」と聞いて、そんな年齢とは あわわ このやろーうらやましいぞー、な管理人です。私が中高生の頃、うちの方(高知)に来た外タレってヴェンチャーズとスージー・クァトロとベイ・シティ・ローラーズだったもんなあ...。って、なぜか全部東芝EMI。

話は変わる。以前さらばDATとかカセットテープをデジタル化中なんて記事を書いたことがあるのだが、現在はVHSのビデオテープのデジタル化をやっている。

つうか、VHSのデジタル化は6年くらい前からだらだらとやっていて、フランスワールドカップのアジア最終予選とか、2003年J1最終節の柏対東京とか、'98-'99UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝とか、ビートルズ武道館コンサートとか今まで30枚以上焼いたけど、まだまだ先は長い。

お彼岸の3連休から始めて、レーベル印刷まで含めてようやくデジタル化出来たのが、標題のコンサートのビデオ。'92年の 夏にWOWOWで放送されたものの録画で、市販されているDVDには含まれていないコンサート前半部分(ゲストたち各々のパフォーマンス)と、後半にロバート・プラントが歌った"Innuendo"が入っているのがミソ。

20100420_02

続きを読む "1992年4月20日フレディ・マーキュリー追悼コンサート"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

京都買いません(J1第7節 対京都戦)

京都の選手、倒れすぎだろ!倒れて長時間うずくまって担架で外に出されたのに、出た瞬間にもう立ってピッチに入ろうとしている。今時、鹿島でもあんなにせこいことはしていない、というのが観戦時の感想。まあ最大限好意的に取れば、アウェイの戦い方が徹底されていたということだが、京都およびカトキューさんの印象はかなり悪くなった。あんなことをやっているうちは毎年残留争いだろう。

と、ここまでは半分は、勝てなかったチームの負け惜しみ。負けてませんが。

東京の方はというと、先週の鹿島戦のリプレイのような不出来。息の合わなさによるミスや余分なタッチが多数。加えてこの日は平山が不調で、全く起点になれていなかった。ホームで2週続けてこの結果と内容ではまずいよな。

ここまで失点5は上位チームと比べてひけを足らないが、いかんせん得点が少なすぎる。松下はプレースキックの精度は高いが、中盤をかき回すタイプではない。今野、羽生を一列ずつ前に上げるときが来たか?あ、ナオのシュートが枠に行くようになったのは吉兆か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

みんな黙ってますけど

「ベガルタクシー」運行開始のお知らせ  (ベガルタ仙台公式)

街行くゴールド「ベガルタクシー」 仙台中央タクシー  (河北新報)

それ黄色だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

静かなベルナベウ(El Clasico)

Barça triumph in 'El Clásico' (UEFA)

WOWOWにてテレビ観戦。

昨シーズン、サンチャゴ・ベルナベウでの惨劇(2-6でバルサの勝ち)の記憶が、いまだに生々しく残るクラシコ。あのときはレアル・マドリーのカミカゼアタックが、言葉本来の意味通り玉砕したのだが、さすがに今年はそんなことはあるまいと思って見ていた。しかし見たのは、繰り返されるレアルの失望と、バルサの凄みだった。

象徴的だったのが後半。ペドロの追加点の直後、レアルはグティを入れ反撃を図る。そのグティはうまく起点となって、2回の決定的チャンスを作り出す。いずれもビクトル・バルデス(この日のバルデスは神)が好セーブでしのいだものの、試合の流れは完全にレアルに傾いたように見えた。
(何でグティが先発じゃなかったのかねえ)

バルサが流れを引き戻したのはこのあとすぐ。メッシが2回決定機を迎え、レアルはカシージャスの、これもスーパーセーブで何とかしのぐ。3点差にはならなかったが、このあたりでスタジアムの空気はすっかり冷えてしまった。「バルサには勝てそうもない...」「これ以上前に行くとやられる...」そんな雰囲気が充満し、テレビから聞こえてくるのは、80000万人のうち400人しかいないはずのバルササポの歌声ばかり。残り10分あるのに、そこから2点取ることはサッカーではよくある話なのに、もう席を立つファンたちが映る。白いハンカチを振る気力もなさそう。かつてロナウジーニョにスタンディング・オベイションを贈ったときよりも、去年の試合で4-5分あるはずのロスタイムを審判が全く取らなかったときよりも、さらに重い沈黙が流れていた。あんな静かなベルナベウを見た記憶がない(テレビ越しだけどさ)。

試合終了後、途中出場のラウルは誰よりも速く白いユニフォームを脱いだ。もう来季はここにいないことを決意したのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

先は長い(J1第6節 対鹿島戦)

浦和、名古屋、川崎に続いて鹿島からも勝利は奪えず、上位チームとの遙かな距離を感じる試合後だった。

一番の差は、ないものねだりは分かっていますが、やはり中盤の真ん中。東京はボランチが球に触る回数が少なく、かといっていざボールを持てばタッチ数が鹿島のボランチより一つか二つ多くて減速してしまうので、なかなか中盤を突破することができない。徳永羽生と小笠原ナカタコを比較するのは酷だが、今季キレの良い動きの北斗を、本来の中盤下がり目で試してみて欲しいような気も同時に。

あとボランチだけじゃなくて、その他の選手もトラップが少しづつ大きくなったり、息が合わないゆえのパスミスで、チャンスの芽をみすみすつぶす場面も目についた。この辺は練習しかないよなあ...。

個人的に印象的というかツボだったのが、リカルジーニョは割と暖機運転が必要な選手だということが分かったこと。出場直後に3人に囲まれてこけてしまった場面では私の回りで爆笑が起こったが、そのあとはだんだん良くなったんじゃないの?あと、長友は休ませようよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

牛丼が好き

20100408b

このままでは共倒れ? 牛丼値下げ“チキンレース”の行方 (ビジネスメディア誠)

新生活応援キャンペーン開催のお知らせ ※PDF  (松屋フーズ)

プレスリリース:牛丼 新価格!! ※PDF  (すき家)

吉野家「春の牛丼祭 牛丼並盛270 円!」のお知らせ ※PDF  (吉野家)


大学の頃から松屋の牛丼(正確には、松屋の場合は「牛めし」)が好きで、今でも多分月2-3回は食べている。すき家は甘すぎるので食べないが、カレーは食べる。吉野家のお新香は旨いと思う。

去年、仙川に松屋が出来たときはホントに嬉しかった。松屋は通勤経路の三鷹駅北口に本社があるので何となく親近感があるし、7000円分の優待券ほしさに株主にもなってしまった。およそ13万の投資で7000円のリターンなので、定期預金よりはるかにいいと思って。

でも、松屋は去年12月から並盛り380円から320円に値下げしたんだけど、なんだか味が落ちたような気がする。それに加えて、いくら期間限定とは言え250円というのは無理があるんじゃないか。各社とも牛肉の輸入をひとつの国に依存しているはずなので、最近聞かないけど狂牛病の問題が発生すると一発で壊れるビジネスだなと思う。

それはさておき、牛丼チェーンがどこかJクラブのスポンサー(出来れば東京)になってくれないかねえ。サポにはアピール度高いと思うけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

日本対セルビア戦

リアルタイムで見られたのは後半20分過ぎくらいから。

.........。

なんじゃこりゃ。いくらセルビアが引いてしまっているからと言っても、ちょっとひどすぎだろ。相手DFラインの前を左右に往復するだけのパスと、工夫のないクロスばかり。かろうじて仕掛けているのはナオだけ。

 
試合終了後、録画で最初から見ると少しは印象が良くなったが、それでもセルビアと比べてのパスの弱さとか展開の小ささは歴然としていた。遠藤はらしくないミスを連発していたし、動けない玉田を使うくらいなら大学生の永井を試した方が収穫はあったのでは?

ナオはあの1対1は決めなきゃいけなかった。試合後のインタビューで「ご覧の通りなんで」と言ってたのはこのことだったのか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

先ちゃん

Kc290193

バスの中で発見。相変わらずやね。
「ストップ!!ひばりくん!」コンプリート・エディション買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

今日の欧州サッカー・ニュース・ヘッドライン

今日の欧州サッカー・ニュース・ヘッドラインをお届け

  • 本田圭佑のプレーするロシア・プレミアリーグが、2012年より秋春制に移行することを正式決定。
  • バドワイザーとドイツ・ブンデスリーガとの間で大型提携契約成立。ブンデス開催スタジアム売店のビールがバドに統一へ。ファンは猛反発。
  • FCバルセロナの公式サイトが改ざん被害。UNICEFロゴがUNIQLO、UNIMAT、UNIDYに書き換えられる。
  • レアル・マドリー、チャンピオンズリーグ敗退のため、資金ショートにより法的整理か。前原国土交通相示唆。
  • インテルのモウリーニョ監督が契約を更新「来季のチーム目標は、『人もボールも動くサッカー』『サンシーロを満員に』」。
  • チェルシーがアンリとロナウジーニョとリベリーの獲得を発表。がら空きの右サイドは、やはり新規獲得の明神智和が一人で埋める模様。
  • ドログバ独占インタビュー「バラックにならPKを譲る」。
  • アトレチコ・マドリーのユニフォームは日本由来?京王百貨店催事場責任者語る。
  • クリスチアーノ・ロナウドに、「クローン・ウォーズ実写版」アナキン役で主演オファー。

(4月1日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »