« ワールドカップ放送予定 | トップページ | 絶対に次につなげないといけない試合(J1第12節 対清水戦) »

2010年5月14日 (金)

ACL全滅。Jリーグのレベルは落ちたのか

否。

でも、上がったとも言えない。

だいたい、ACLに4チーム出るようになったのが去年からなので、サンプル数が少なすぎる。つまり「ようわからん。1シーズンの結果だけでギャーギャー言いなさんな」というのが私の考え。こういう年もあるでしょ、ということ。

つうか、1999年から2001年まで、磐田が3年連続でアジアクラブ選手権ファイナリストになったそのあとは、2007年の浦和が優勝するまでグループリーグを突破したことさえなかったのだから、その辺に戻っただけ。むしろ2007-2009年ができすぎだったというか、どうせ考えるならば、そっちの理由を考えた方が健康的では。

今年に関しては、各クラブ固有の理由でほぼ説明がつくでしょ。

見ていて一番成長を見られた広島は、移動距離と経験の問題。あの薄い選手層で後半の3試合を全部勝ったのは、JとACLの掛け持ちリズムに慣れてきたからだと思う。最後の2試合の殴り合いは楽しかったw
川崎は、最初ジュニーニョ、中村を欠き、後半はチョン・テセを欠いたことがすべて。
ガンバは助っ人外国人、黄金の中盤の高齢化、でも若手をレンタルに出す、というチーム編成の失敗。

鹿島?あれはチョンボ以外のなにものでもないよな。

|

« ワールドカップ放送予定 | トップページ | 絶対に次につなげないといけない試合(J1第12節 対清水戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/48357379

この記事へのトラックバック一覧です: ACL全滅。Jリーグのレベルは落ちたのか:

« ワールドカップ放送予定 | トップページ | 絶対に次につなげないといけない試合(J1第12節 対清水戦) »