« コートジボワール対ポルトガル戦の感想 | トップページ | 大黒?? 大黒!! »

2010年6月21日 (月)

前向きに悔しかった(日本対オランダ戦感想)

試合後の岡田監督の不機嫌な顔といったら、もう。本気で勝ち点を取りに行ったのがよくわかった。事前に私は0-2、嫁は0-5と予想していたので、勝ち抜けを考えれば上々の結果ではある。ただ、イングランドに引き分けたアルジェリア、イタリアに引き分けたニュー・ジーランドを思うと、ドローに引きずり込まなきゃいけないよな...と、こっちも悔しさが残る。でも2006年に比べれば、精神状態ははるかに良好である。

ただし!翌日の朝日新聞の見出しに「世界との距離、縮める」みたいなことが書いてあったが、そこは勘違いしてはいけないと思う。この2試合は岡田監督の戦略がうまくいっている状況であって、地力の底上げが出来ているわけではない。マスコミは安易にあおらないで欲しいし、国のサッカー力の地力はクラブチームが示すものだと思っている。

ここからは試合の感想。
前半はほぼ完璧な「岡田監督のゲーム」だったと思う。「ほぼ」というのは、前半の最後10分くらいでオランダが攻め手を緩めたのがやや誤算だったかも、と思ったから。あそこでオランダが苛立ちを見せてカードの1、2枚でも受けていれば最高だったが、そうはならなかった。意外にしたたかだぞ、今回のオランダ。

テレビを見ながら「後半最初の10分を持ちこたえれば勝ち点を取れる」と思っていたのだが、その時間帯に日本は自らリズムを崩し、失点。ここなんだよなあ、世界トップレベルとの差は。そして川島君、スナイデルのシュートを手のひら広げて取りに行ってるんじゃないのか? 専門的なことは分かりませんが、ちょっとナビスコ決勝の米本のシュートが重なって見えました。

その後の日本は被害を最小に食い止めるのではなく、点を取りに行った。ここはよかった。しかし、交代選手が全員機能しなかった。俊輔は試合に入れなかったし、岡崎は...あれは最低限枠に飛ばして欲しい。何で憲剛と森本じゃなかったのかなあ。特に、縦にズバッとパスを通せる憲剛には期待しているのだが、ここまで出番なし。うーん。もう一人、空気の読めない玉田には、人の裏をかいた動きを期待したのだが、この試合ではホントに裏目に出た。

翌日デンマーク対カメルーン戦を見たが、カメルーンは撃ち合いに持ちこもうとして返り討ちにあった感じだった。守備の評価が高いデンマークだが、戦闘能力もかなり高い。次の試合は引き分けでもOKだが、日本にそれを利用した狡猾な試合が出来るだろうか。まさに「人生をかけた戦い」。私は、今の流れだと十分期待出来ると思う。

'Chance of a lifetime' for Japan  (FIFA)

|

« コートジボワール対ポルトガル戦の感想 | トップページ | 大黒?? 大黒!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/48684660

この記事へのトラックバック一覧です: 前向きに悔しかった(日本対オランダ戦感想):

« コートジボワール対ポルトガル戦の感想 | トップページ | 大黒?? 大黒!! »