« 見事!(日本対デンマーク) | トップページ | 結果は変わらなかったはず(ドイツ対イングランド) »

2010年6月25日 (金)

マンマ・ミーア! (イタリア敗退)

Misery for Italy on historic day (FIFA)


イタリーじゃなくてミザリーですよ Misery。

実はねえ、日本対デンマークを見る前はかなりへこんでいたんですよ。イタリア、グループステージ最下位で敗退...。これ相当ショックで......。前評判が悪けりゃ悪いほど、本番で何とかしてしまうのがイタリアの凄いところなのだが、今回は本当にいいとこナッシング。

敗因はカンナバーロの衰えもだが、なんと言っても攻撃時の想像力、創造力があまりにもなかったのが致命傷になったと思う。ニュージーランド戦なんてサイドに開いてのクロス一辺倒なんだもん。オランダやデンマークを相手にしたときの日本の方が、よっぽどよい攻撃をしていたよ......。あと、選手の動きが非常に重く見えたので、コンディション調整の失敗もあったのでは?

イタリアといえば堅い守備と表裏一体で、ファンタジスタと強力なフォワードを生み続けてきた国。マンチーニ、バッジォ、ゾラ、デル・ピエロ、トッティにヴィアッリ、シニョーリ、ラバネッリ、ヴィエリ、キエーザ、そしてピッポ...。

今回の代表で彼らに並びうる選手はピルロだけだったが、そのピルロは負傷で第3戦後半まで出場できず。リッピにカサ坊を呼ぶだけの度量の大きさがあれば...。

後継者が育っていないのは、セリエAが外国人頼みなのが原因じゃなくて(それを言うならイングランド)、スーパーな外国人選手がイタリアから去ってしまったのが直接的な原因だと思います、私は。

ジョビンコとバロテッリが一人前になるまで辛抱か...。

|

« 見事!(日本対デンマーク) | トップページ | 結果は変わらなかったはず(ドイツ対イングランド) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/48716856

この記事へのトラックバック一覧です: マンマ・ミーア! (イタリア敗退):

« 見事!(日本対デンマーク) | トップページ | 結果は変わらなかったはず(ドイツ対イングランド) »