« ハンド | トップページ | なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦) »

2010年7月19日 (月)

この締まらないところが芸風か(J1第13節 対神戸戦)

2010071701

2010071702


前半半ばまでは「こりゃ何点入るんだろう」とワクワクだったんですが、終わってみればショボーン (´・ω・`) ですた。勝って気持ちよく長友を送り出したかったのだが、アマラオのホーム最終戦といい、文丈引退セレモニーの日といい、この締まらないところが東京の芸風かな。あ、去年7番8番を送り出したときは勝ったんだった。

後半開始から神戸は両サイドバックを入れ替えてガンガン来た。かなり押し込まれる松下と北斗。松下がやられるのは予想していたが、問題と思えたのは北斗の方。かつて「すっぽんマークの北斗」だったはずの彼があれだけスコンスコンやられたら、これは苦しい。城福さんが達也とナオを入れたのは、両サイドを押し返すという目論見があったからと思うが、この二人の守備意識の高さが裏目に出た感じ。最終ラインに6人並んでしまって、がら空きの中盤を梶山と徳永で面倒みる羽目になってしまった。

2010071703


結果的には、センターハーフの控えが居なかったことが響いた感じ。まだ読んでないけど、まぐパパさんの記事の表題にあるように、クローザー=浅利社員の不在を感じたね。これがウイイレならば今野を中盤に上げヨングン投入だが、残念ながらこれはテレビゲームではない、ないのだよ。後ろで罵声を飛ばしてたおっさんよ。

2010071704

ブルース・ブラザーズじゃないよ

|

« ハンド | トップページ | なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦) »

コメント

たぶん自分の近くに座っていたうるさいおじさんですね…
子連れでああいう風に観戦するのもどうかと思いましたが。

投稿: いおぞう | 2010年7月20日 (火) 12時14分

いおぞうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

>>たぶん自分の近くに座っていたうるさいおじさんですね…
いおぞうさんのブログの写真からお席を推測すると、ほぼその人でしょう。
結果に満足しないのは別にいいけれど、だからといって周りを不快にさせることはないですよね。

投稿: thisiskwbr | 2010年7月20日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/48916952

この記事へのトラックバック一覧です: この締まらないところが芸風か(J1第13節 対神戸戦):

« ハンド | トップページ | なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦) »