« この締まらないところが芸風か(J1第13節 対神戸戦) | トップページ | 東芝RDブルーレイ、キターーーーーー! »

2010年7月29日 (木)

なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦)

20100729

磐田は割り切って最初から最後まで前田遼一大作戦。とにかくロングパスで前田に競らせるか、スペースに前田を走らせる戦術を徹底。しかも前田の動き出しが素晴らしく、このボールをほぼ完璧にマイボールにしてしまうのが驚き。

一方の東京は、低い位置でのパスミスを連発。特に梶山が不調で、効果的な縦パスやサイドチェンジは1本も無かったんじゃないかと思うくらいの出来。どうしても彼にボールが集まるから、ミスの絶対数が増えるのは仕方ないんだけどね。でももういい加減、悪いときは悪いなりにまとめないとだめよ。大竹も不調。プレーが小さい。配球できる選手がこうだと攻撃は苦しい。そんな中で、唯一のチャンスを得点に結びつけた大黒はやはりただ者ではない。

守備においても、強風が気になったのか目測ミスやクリアミスが非常に多かった。東京は中二日の日程が影響したんでしょう、選手の頭の中のプレースピードやパスの強さと、実際に肉体で表現できるそれに、ものすごく乖離があったんじゃないかと(権田のシュートストップは良かったね)。

ていうか、あれほどミスが出るなら、磐田みたいに割り切った攻撃に切り替えても良かったんじゃないかねえ。東京の融通の利かないところは監督が替わっても同じなんだけど、その短所が顕著に出た試合だと思いました。

あと思ったのは、今年の東京って、例えば「去年は10試合のうちよい内容だったのが4試合だったとして、それを今年は7試合とか8試合に増やしていこう」という方向に頑張ってるんじゃなくて、良かったその4試合の内容を更に高めようとしている感じなんですよね。で、1試合良くても次の試合に続かない。量産技術に力を入れるんじゃなくて、先端技術の開発に力を注いでいる感じ。先端技術が裾野のレベルを引っ張り上げるのは一般的には事実なんだけど、こと今年のFC東京に関してはうまくいってないようですね。

まあでも、他試合の結果を見ると連勝しているチームが少なく、上位との勝ち点差があまり開かなかったのは幸い。5位との差は4しかない。過密日程だし、若年代代表への大量招集が予想され状況は厳しいが、米本復帰後の秋に勝負をかけられるよう、ここは何とか踏ん張ってほしい。

|

« この締まらないところが芸風か(J1第13節 対神戸戦) | トップページ | 東芝RDブルーレイ、キターーーーーー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/49003767

この記事へのトラックバック一覧です: なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦):

« この締まらないところが芸風か(J1第13節 対神戸戦) | トップページ | 東芝RDブルーレイ、キターーーーーー! »