« なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦) | トップページ | だから短調だってば(コパ・バンコ・スルガ) »

2010年7月30日 (金)

東芝RDブルーレイ、キターーーーーー!

復活の“RD”、「REGZAブルーレイ」詳報 (ITメディア)

RDユーザーのフォローも

 過去のRDシリーズから番組を移し、BDに保存する手段は複数用意された。まずはi.LINK端子。RD-X10およびRD-BZ800/700 の3機種にはi.LINK端子を搭載し、「RD間i.LINKダビングHD」をサポート。等速ながらそのままの画質でダビングやムーブが行える。「随分お待たせしたので、これをやらなければユーザーに怒られてしまいます」


うちでは2003年の暮れに買った東芝HDD/DVDレコーダーRD-XS41が未だ現役で頑張っている。当初からDVD-Rへの書き込み品質にはかなり問題があったものの、マルチタスクやワンタッチリプレイ/スキップの良好な操作性、画質音質の詳細調整が可能なこと、無劣化ダビング、チャプター打ちがGOPかフレーム単位かの選択可能などマニア好みの機能満載で、大正解の買い物だった。画像安定化装置の代わりとしても使えるというおまけもあった(笑)。

しかしさすがにここに来て光学ドライブが怪しい挙動を示すようになり、年内には買い換えようと思っていた。うちにはCPRMのかかった番組を録りだめているDVD-RAMがたくさんあって、これをサポートするブルーレイレコーダーが松下の一択だったので困っていたのだが、ついに東芝から、再生のみとはいえDVD-RAMをサポートするブルーレイレコーダーが発表された。しかも伝統の「RD」の型番である。

機能を吟味して松下にするか東芝にするか決めるけれど、上記のRD間i.LINKダビングHDがあるから東芝で内定かな。これであわててDVD-RAMにムーブしなくてもいいし。「これをやらなければ怒られる」という担当者のコメントがいいね。

|

« なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦) | トップページ | だから短調だってば(コパ・バンコ・スルガ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝RDブルーレイ、キターーーーーー!:

« なんかストレスのたまる引き分け(J1第15節 対磐田戦) | トップページ | だから短調だってば(コパ・バンコ・スルガ) »