« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月26日 (木)

9月1日にアップルの新製品発表があるらしい

Appleが近日中のイベント開催を正式決定、新製品発表へ  (Gigazine)

噂では「カメラ2台付きのiPod touch」などとも報じられていますが、考えるにiTunes Storeでビートルズの作品群を扱えるようになるということじゃないでしょうかね。

もう一つ噂の「画期的な新製品」の発表は、また別の日らしいですと。こちらは間違いなくテレビだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

がんばれ今野泰幸(J1第20節 対広島戦つづき)

広島戦での今野のプレー振りには、ひどくがっかりした。前への推進力を期待されての中盤起用のはずなのに、前線に行ったのは2点リードされたあとに1-2回あったくらい。ほとんどの時間帯で梶山より低い位置取りで、いいときのような、ピッチやや左のエリアをドドドドーッと駆け上がっていく姿は見られなかった。

開始数分で自陣バイタルエリアを広島の縦パス出し入れで完全に崩され、決定的ピンチになったことで消極的になってしまったのだと想像はする。しかし今野は現レギュラー陣の中で、ナオの次に長期間スタメンを張っている選手である(実働時間だと、ナオよりはるかに長いはず)。それくらいのことで上がれなくなるようでは困る。

岡田監督の率いた日本代表2010が、2-5月のどん底からいかにして浮上したか。その内情を知る今野は、彼の体験を現在のFC東京にフィードバックする義務があるだろう。それは代表経験者にしか出来ないことだから。好きな表現ではないが、「日の丸を背負う」という言葉になにか意味があるとすれば、それは国の威信を保つことではなく、自分が日本とよその世界との接点であることに意識的であることだと思うし、ワールドユースも五輪も経験してきた今野には、フィードバック出来るだけの引き出しも能力もあるはずだと信じている。選手間で口論したっていいじゃないか。もし監督に意見したいことがあるならば言えばいい。監督の課すタスクを忠実にこなすことだけが選手の役割ではないはず。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

今季最悪の試合(J1第20節 対広島戦)

選手が監督のいうことを全く聞いていないか、あるいは監督が具体的な指示を出していないのではないかとしか思えない、悲惨な内容の試合。

今日書くと必要以上に熱くなってしまいそうなので、つづきは明日以降にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

まだ見てません(J1第19節 対セレッソ戦)

Jリーグタイムの映像を見ただけですが、この敗戦に心折れてないかな...。他試合のダイジェストと比べてみると、明らかに東京は弱いです。ゴール前に人がいないし、守備時の寄せも甘いです。

去年も一昨年も夏の戦績は極端に悪かったので、秋以降に期待は出来ますが...。でも11月にはアジア大会があるから、下手したらU-21に権田、大竹、椋原、(その頃には復帰してるであろう)米本が持ってかれる危険性もあるんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

東京の前半戦振り返り

アウェイを中心に見ていない試合もかなりあるので、あんまりたいしたことは書けません。あと、以下の文章は名古屋戦終了後に書き始めたので、数字は17節終了時のもの、鹿島戦の内容は考慮していません(モチベーションが上がらなくて、まだ前半30分くらいしか見てない)。

続きを読む "東京の前半戦振り返り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

正念場

あすは鹿島戦。鹿島はマルキーニョスが出られないみたいだが、東京は羽生さんが無理みたいだ。うーん...これは東京の方がダメージが大きいよな。

明日勝てないと、残留争いの真の主役になってしまうのは必至。内容は悪くなくって守備は大崩れせず、1点差負けの試合が多いっていう現状が、去年の大分とそっくりで超心配なんだよね.........。とにかくあすは内容より結果だと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

?????

クラブの意図がわからない......。誰か説明してください。

前田俊介選手 期限付き移籍加入決定のお知らせ

赤嶺真吾選手 ベガルタ仙台へ期限付き移籍決定のお知らせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

亡霊

やっぱりこの人は基本的な知識がない人だったんだなあ...と。

犬飼前会長「やらなきゃという信念は変わらない」  (スポナビ)

このときから1年半近く経っていたのに、検討はなんにも進歩していなかったということがよく分かりました。秋春制にした時のスケジュールたたき台すら出てこなかったしね。

ところで

夏に行われるから、ほとんどのチームが北海道や山形といった寒い地域でキャンプをやるんですよ。
 そうすると、それにサポーターもついていくから、北海道なんかどれだけ潤うことか。Jリーグの真剣なキャンプを北海道の子供たちは見られるし、いろんな地域から人が移動して、北海道にいろいろとお金が落ちる。「そういったことを考えていますか?」っていうことを、わたしは札幌の新聞社の人に言ったことがあるんですけど、そういうメリットがあります。


山形ってつい最近まで、日本最高気温の記録を持っていたところじゃなかったっけ。盆地だし。

あとね、

冬に試合をやるとパフォーマンスが上がって、すごくいいサッカーが見せられるんですね。

この人の論拠って結局これしか無いんだけど、「すごくいいサッカー」さえ見せれば客は喜ぶってのはプロダクト・アウトな発想で、メーカー時代はそれで良かったのかもしれないけれど、興行としてはピントずれてると思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

切ないなあ......(J1第17節 対名古屋戦)

20100807

こんだけ優勢に試合を進めても勝てないのか......と、私の席周囲も呆然としていた。でも、気持ちはあとに引きずらないように、頭は冷静に敗因を分析してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

だから短調だってば(コパ・バンコ・スルガ)

Kc290211

仕事の都合で、スタジアムに着いたのが前半20分のころ。いつものようにバックスタンド中央付近に席を確保したら、普段と雰囲気がなんか違う。あらー、今日はバクスタがゴール裏だったのね、って変な日本語(苦笑)。この日のテーマ ♪スルガを獲って世界一♪ のチャントの元ネタが、「ギンギラギンにさりげなく」だということに気づくまで30分くらいかかりました。だって原曲は短調なのに、チャントになるとみんな上ずって長調になっちゃうんだもん。

試合はというと、リガ・デ・キトの先制点が良かったなあ。あの16番、今ちゃんを簡単に手玉に取るんだもの。いいもの見ました。あと主審は、これが例のイングランドから来た人ですか。リスタートの位置やスローインの足位置にものすごく神経質でしたねえ。でもこれでリーグ戦では担当されずに済むか?

東京は、草民のボランチが初見だったけど、これがなかなか良かった。優れたキープ力を活かしてうまくさばいてたし、守備も及第だったと思う。得点につながったロングシュートは見事。途中で草民、梶山の2ボランチになったときはかなり恐怖でしたが...。これも初見のソ・ヨンドクは自爆する場面が多くて、連係はまだまだの様子。大黒はあの体勢でねじ込むとはさすがですね。

東京は週二日ペースで試合を続けていて、かつあまりいい戦績でないので「試合をやらされてる、こなしてる」感じになるんじゃないかと心配だったけど、この勝利で気分がいい方向に変わるといいですね。

Kc290216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »