« テンノウハイマン出番少なし | トップページ | キャプテン・ビヨンド »

2010年9月13日 (月)

膝までどっぷり残留争い(J1第22節 対浦和戦)

20100912

正直に言って、選手個人個人にはいろいろと文句を垂れたい部分がある。これでPKを与えるのが今季3回目の森重いい加減にしろとか、ペナルティエリアに近づくとぴたっと足を止めてしまうナオとか、つま先を伸ばすだけで体を寄せようとしない守備の梶山とか、左足でのクロスが全く期待できない北斗、その他つまらないトラップミスやパスミスでボールを失う多数の場面に、全然拾えないセカンドボール......。でもそれもこれも、すべては過密日程で体と頭脳に疲労がたまっているせいだと思う。日程のせいにしてしまいたい。今節だってこっちは中3日、相手は中6日だ。

でも、仮に本当に日程のせいだとしても、その分勝ち点にハンデをつけてくれるわけじゃない。石にかじりついてでも泥水すすってでも勝ち点をあと18点積み重ねないといけない。絶対に降格しちゃならない。もう、理想のサッカーを当面は捨てなきゃならない局面に来ている。

城福監督。昨年一昨年は理想と現実のバランスの取れた采配をしていたのに、今年は頑固一徹じゃないですか。いったいどうしてしまったのですか?

|

« テンノウハイマン出番少なし | トップページ | キャプテン・ビヨンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/49431925

この記事へのトラックバック一覧です: 膝までどっぷり残留争い(J1第22節 対浦和戦):

« テンノウハイマン出番少なし | トップページ | キャプテン・ビヨンド »