« 9月1日にアップルの新製品発表があるらしい | トップページ | Solo »

2010年9月 1日 (水)

ラッキーな引き分け(ナビスコ準々決勝 対清水戦)

今シーズン今までずーっと気になっていたことがあって、それは「なぜ東京の選手は立ち止まったり、ボールから遠ざかるようにしてパスを受けようとするのか?」ということ。グラウンダーにせよ空中を飛んでくるボールを受けるにせよ、静止してボールを受ける、もしくは後ろに下がりながらボールを受けようとするプレーが、対戦相手と比較して明らかに多いと思う。

前に動きながらパスを受けようとすると、選手視点でのボールの速度が上がるので、トラップのミスが増えるのは確かだと思う。静止したり下がりながら受けるとトラップミスの起きる確率は下がる。しかし、相手にカットされたり、ロングボールが目の前でバウンドして頭を越えてしまう確率は上がる。今日も前半にこれで4回くらいボールを失っているんじゃないかな。しかもボールを足元に収めるまでの時間が長くなるので、プレースピードが上がらないし、相手が対応する時間を多く与えることになる。そして何より、東京の選手がプレーで楽をしようとしているように見えてしまって、印象が非常によろしくない。何でもっと積極的にボールに関わろうとしないんだよ!ってね。

今日の清水を見ていて「ああ、東京と明らかに違うなあ」と思ったのは、マイボールの時に必ず3-4人くらいが動き出してパスコースを作っているのと、パスを正面で受けるときに、非常に細かいながらも前にステップを踏んでパスを受けようとしていることだ。ただ、前半30分を過ぎると中二日での疲労のせいか、清水のこの2種類の動きはずいぶん減ってしまったのだが...。

最後の10分間、東京が押しまくっていたように見えたのは、中盤に上がった今野がボールにどんどん関与し、ダイレクトプレーを増やしたから。しかし今ちゃんも火事場のナントカなところがあって、劣勢だといいプレーをするんだけど、あれを最初からやれないものかねえ。

というわけで、今日の試合で負けなかったのは非常にラッキー。でも清水視点だと、中二日の試合でアウェイゴール付きの引き分けなので、やっぱり東京の負けに等しいのかな。これはリーグ戦じゃなくてカップ戦だし。

|

« 9月1日にアップルの新製品発表があるらしい | トップページ | Solo »

コメント

東京の選手はトラップが下手!(な選手が多い。)
と、常々思っています・・・。
トラップが大きくなりすぎてボールを取られてしまうことも多いですよね。すごくもったいないと思います!

投稿: OBAKA母 | 2010年9月 2日 (木) 22時26分

>OBAKA母さん
こんにちは。トラップについては、私も確かにそう思います。
素質レベルでは他チームの選手と変わらないはずなので、練習に何か違いがあるんですかね...。

投稿: thisiskwbr | 2010年9月 4日 (土) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/49318514

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーな引き分け(ナビスコ準々決勝 対清水戦):

« 9月1日にアップルの新製品発表があるらしい | トップページ | Solo »