« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

赤盤青盤

ようやく一昨日届いた。

20101029

妻には「青赤だから買ったんでしょ」と突っ込まれたが、慌てず騒がず「いやこれは、青赤じゃなくて赤青だから」と意味不明な返しで応酬。ま、赤はリヴァプールで青がエヴァートン由来らしいから、サッカーと関係なくはない。

初めて買った赤盤青盤は米キャピトル盤LPで、確か値段が各\2480か\2780。日本盤LPは\4600だった時代でとても買えなかったのよね。それで修学旅行で東京に行ったときに、新宿御苑前のディスクロードという輸入盤屋で買ってきたのですよ、という話をすると妻にあきれられるのだが。

この米盤はヘルプ!のイントロに007のテーマがくっついてたり、アイ・アム・ザ・ウォルラスのイントロが4拍だったりするくせ者でした。ウォルラスはこれが通常だと思ってたので、10年くらい経ってCDで初めてマジカル・ミステリー・ツアーを聞いたときにはひっくり返りそうになったものよ。

しかし何度聞いても飽きないな。特に青盤1枚目A面にあたるところ(CDだと1-7曲目)の流れが最高。この流れに馴染みきっているので、ペニー・レインが終わったあとには観客のざわめきが聞こえないと落ち着かない体質になっております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

これは役立つ小ネタ

IMEが知らぬ間にGoogle日本語入力でなくなっている理由 (WooFla!)

私はWindowsXP、Mac OS X 10.6のどちらもATOKを常用していますが、確かに、Windowsで文書作成をしているといつの間にかカナ漢変換がMS-IMEになっていることがあって、軽くイラッとしていたものでした。これはOSのバグじゃなかったんですね。ちょっと得した気分です。WooFla!さん、ありがとう。

一つおかしかったのが、私のPCでは「入力言語の切り替え」ホットキーが左Alt+Shiftに設定されていたのにこのキーは効かず、Ctrl+Shiftがホットキーとして機能してました。つまり、この設定ダイアログにはあんまり意味がないということでは(笑)。

20101028_2

左上の「入力言語の切り替え」のチェックを外すと、勝手に(ホントは勝手じゃなくて仕様だけど)MS-IMEに切り替わらなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

寒っ!

サム&デイヴ

サミー・ヘイガー

サミー・デイヴィス・ジュニア

以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

権田が掬った勝ち点1(J1第27節 対新潟戦)

24節以来久々の生観戦。

2010102301

後半は新潟が引き気味になって(新潟にとっては完全に裏目でしたね)、その分東京が押しまくったので勝ち点3が欲しかった。後半だけでも大黒のヘディング、混戦から平山が左足で打ったシュート、ナオが裏に抜けてボレーで合わそうとしたものと3回超決定機があったのにどれも決められず。今日の後半は確かに「あとはフィニッシュの精度だけ」の展開だった。

最後のPKストップはやれやれだったけど、あれは87分頃にむっくんの横パスをインターセプトされて、あそこから急に新潟に流れが傾いたせいなんだよな。ホント試合の流れって怖いです。

2010102302

続きを読む "権田が掬った勝ち点1(J1第27節 対新潟戦)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »