« これは役立つ小ネタ | トップページ | 嵐の使者(J1第28節 対清水戦) »

2010年10月30日 (土)

赤盤青盤

ようやく一昨日届いた。

20101029

妻には「青赤だから買ったんでしょ」と突っ込まれたが、慌てず騒がず「いやこれは、青赤じゃなくて赤青だから」と意味不明な返しで応酬。ま、赤はリヴァプールで青がエヴァートン由来らしいから、サッカーと関係なくはない。

初めて買った赤盤青盤は米キャピトル盤LPで、確か値段が各\2480か\2780。日本盤LPは\4600だった時代でとても買えなかったのよね。それで修学旅行で東京に行ったときに、新宿御苑前のディスクロードという輸入盤屋で買ってきたのですよ、という話をすると妻にあきれられるのだが。

この米盤はヘルプ!のイントロに007のテーマがくっついてたり、アイ・アム・ザ・ウォルラスのイントロが4拍だったりするくせ者でした。ウォルラスはこれが通常だと思ってたので、10年くらい経ってCDで初めてマジカル・ミステリー・ツアーを聞いたときにはひっくり返りそうになったものよ。

しかし何度聞いても飽きないな。特に青盤1枚目A面にあたるところ(CDだと1-7曲目)の流れが最高。この流れに馴染みきっているので、ペニー・レインが終わったあとには観客のざわめきが聞こえないと落ち着かない体質になっております。

|

« これは役立つ小ネタ | トップページ | 嵐の使者(J1第28節 対清水戦) »

コメント

ビートルズはそんなに聴いていたわけではないけれど、周りには好きな人がかなりいて、多少影響されもしました。思春期の甘酸っぱいような感覚がなつかしく思い出されます。リアルなビートルズ世代よりは年下ですが←いちおうちゃんと言っとかないと・・・(笑)

投稿: OBAKA母 | 2010年11月 1日 (月) 23時11分

>OBAKA母さん
コメントありがとうございます。自分もリアルタイムではなく後追いの世代ですが、聞きまくっていた中学高校時代の風景が、いとも簡単に思い出されるのが不思議ですね。

投稿: thisiskwbr | 2010年11月 2日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/49878575

この記事へのトラックバック一覧です: 赤盤青盤:

« これは役立つ小ネタ | トップページ | 嵐の使者(J1第28節 対清水戦) »