« 福袋 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2010年12月31日 (金)

2010年のヒット商品「オラソニックの卵形スピーカー」

今年買った物で一番のヒットがこれ。オラソニックのパソコン用卵形スピーカーTW-S7。

20101231

オラソニックTW-S7製品ページ

実は以前から、嫁MacPro用のスピーカーのリクエストを受けていて、そのためにネットで調べて発見したんですがこのスピーカー、各所で絶賛の嵐また嵐。

アマゾン
AV Watch
価格.com

というわけで、新宿ヨドバシで一応試聴して買ってきたわけです。試聴にはあまり意味なかったけどね。店員さんが鳴らしてくれたのはラップだったし、回りがうるさくて「低音がよく出るな」程度で、ボーズCompanion 3のような驚きはなかったのだが、家に帰って嫁Macにつないでみたらあら大変。こりゃ凄い。正直びびった。

  • 本当に、つないだ瞬間から使える。
  • USB給電のため、電源が要らない。
  • 非常に高能率で、パソコン側の音量はかなり低くしてOK。ほんのちょっとだけ省エネに貢献。

という使い勝手の良さも評判の理由なんだろうけど、いちばん驚くべきなのは音の定位の良さ。とにかく定位がしっかりしていて、ちゃんとボーカルがモニターの前に立って歌っている。いや、これホントだから。ボーズ使ってる自分が言うくらいだから。

ボーズは好き嫌い分かれそうな「作り込んだ感」のあるスムーズな音で、「面」で鳴っている感じ。BGM的だとも言える。一方オラソニックはかなりガッツリ来る音で、立体感があって目の前でライブをやっているよう。これで1万円前後。オーディオ・インターフェイスや電源が不要なのは大きな優位点だろう。これはよい買い物でした。

注意することは、最初に鳴らすときにはパソコン側ソフトの音量設定をなるだけ小さくしておくこと。うかつに最大にしておくと、とんでもない爆音が鳴り響きます(うちはこれをやってしまった)。あと、付属のシリコン製台座で向きを上下左右いろいろと調整してみて、適切なポジションを見つけ出すのがコツかな。

あえてあら探しをすると、公式サイトのこの絵。

Ola_tw7_15

タマゴは横方向の力には弱いはずですw

★追記
このスピーカー、通常は白と黒の2色のみの販売ですが、通販生活のサイトで他に3色取りそろえての販売が始まるそうです。

|

« 福袋 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/50386372

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年のヒット商品「オラソニックの卵形スピーカー」:

« 福袋 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »