« 不覚にも...... | トップページ | 残る疑問 »

2010年12月 8日 (水)

心理マネジメント

降格が決まって、いろいろな方のブログを拝見しました。
やはり他の方にはどのように見えていたか、どのように感じていたかは気になりますからね。

やはり皆さん気がついていたのが、気持ちの面。以下、引用が多いですがご容赦を。

試合前、西京極に到着した選手バスをサポがエールで迎えたが、選手達の表情が強張っていた。 サポに反応したのは北斗くらいだった。  (fct fan)

試合後、いつまでも立ち上がれない選手たちには少なからずがっかりしました。
受け入れ難い結果であっても、京都まで来た沢山のサポーター、最終戦の挨拶をしようとしているホームチームの事を考えたら、自分に鞭打って立ち上がったでしょう。
(見る前に跳べ)

最終戦 私が悲しかったのは
負けてJ2に降格したことではなく
ゴール裏前に並んだ選手の中から
「来年絶対J1に戻ってみせます」という人がいなかったこと
そう思っている選手はいたと信じてますよ
ただそれを自分から発信できない消極性が悲しい
(南東京青赤団)

こういうのを見ると、大熊さんが選手の心理マネジメントに失敗したのは、熊さんの力不足だったのか、そもそもマネージ出来るっていうレベルじゃねえぞ!なのか、考え込んじゃいますね。

いっそ岡田武史さんあたりに性根をたたき直して欲しいくらいですが、岡ちゃんの得意とする戦術は長期的には東京向きとは思えないし(でもWOWOW見てたら、こないだのクラシコに影響されて、パスを回して崩すサッカーがやりたくてしょうがないオーラが全身から出ているのには笑えた)、さすがにギャラが払えないよね...。

|

« 不覚にも...... | トップページ | 残る疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/50247187

この記事へのトラックバック一覧です: 心理マネジメント:

« 不覚にも...... | トップページ | 残る疑問 »