« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

もんじゅ

福島原発の事故に関連してか、ネット上で高速増殖炉「もんじゅ」の現状について考える記事がちらほらと出てきている(例)

「『もんじゅ』?あれ、どっかで聞いたような...」と思ったのもそのはず、自分が去年の5月にネタにしていたのだった。「もんじゅ」そのものの知識はないので、2000年問題に結びつけたホントのネタ扱いだったのだが、現実はネタどころではないことを知った。

もんじゅ、撤去作業中装置落下か 重さ3・3トン、原子炉容器内

もんじゅ落下装置つり上げ不可能 回収、運転大幅遅れ濃厚

「もんじゅ」回収担当課長自殺  原子力機構、中継装置落下担う

(いずれも「もんじゅ」のある県の新聞、福井新聞から)

要は、8月に事故があって全然動いてない(ウィキペディア)、と。いや、自分が知らなかっただけなんですけどね。停止中も1日5500万円が維持費にかかるとか...額の真偽は分かりませんが。

で、また別の意味で凄いのが下のリンク。もんじゅを運用している日本原子力研究開発機構の敦賀本部が出しているプレスリリースなんだけど...。

「もんじゅ」炉内中継装置落下関連情報

一覧を見ただけで「なんじゃこりゃー!!」ですよ。進捗が無いのなら無いって書けばいいのに。

 

個人的には原発には反対。得られるものに比べて内在するリスクが大きすぎると思っている。でも10年や20年で自然エネルギーへの移行が完成するとは思っていない。100年単位での再スケジュールと、移行に伴う不便への覚悟が必要でしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

日本にはカズがいる

帰宅が遅くなったので、録画で前半のみ見た。

遠藤の美しいフリーキックには、「楢崎でさえ取れないのだから、デンマークのGKに取れないのは当たり前」と思ったし、「岡崎と内田はブンデスで揉まれてずいぶんグレードアップしたなあ...」と感慨。小笠原はコンディションがかなり悪そうだったが、支援活動のため練習できてないはずなので仕方ない。出場しただけでも偉い。

そのあとは夜も遅くなったしで後半はあきらめて、ニュース番組でゴールシーンのみ目にした。なので、三つめのゴールはニュース番組で初めて見た。


思わず息をのんだ。

 

 


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

ドモアリガット、ミスターロボット

標題はスティクスの1983年のヒット曲。この曲で「ロボット」の発音が英語の robot ではなく、「ボ」にアクセントがある robotto だったのは芸が細かかった。

米国から「ロボット消防士」 福島第一原発に投入へ (朝日)

「東電がロボット提供の申し出拒否」…仏企業 (読売)

受け入れ側の問題もあるから、フランスには断りを入れたのかもしれんけどな。とにかく、どちらの記事にも東電自身の発言がないので、ロボットが投入されるかされたのかされないのかは最終的には不明。でも片方の新聞しか見てないと、印象が180度変わるよな。

真面目な話、こういう時こそロボットが活躍できる場面だと思うけどな。アトムはまだ完成してないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

練習試合 横河武蔵野戦

いくら練習試合とは言え、前後半とも試合の入りが悪かったのはシャレにならんような気がします(苦笑)。

今野が代表、吉本と平松がまだリハビリ中(?)なので、森重と誰を組ませるのかなと思ってましたが、相棒は高橋秀人でした。すまん、忘れてました。が、縦パスの大胆さと正確さでは森重が二枚も三枚も上だなあと。がんばれ高橋。

あと大竹が、やり過ぎな場面も多々ありましたが、かなり目立ってましたね。最後のフリーキックが見事。梶山は試合勘がまだ戻ってないか。

移籍後初めて高松を見た。右下はナオ。

2011032700

キックオフ前。ごらんの通り、ホーム側はびっちり。

2011032701

2011032702

主審が西村雄一SRという豪華な練習試合。

2011032703

30分過ぎに横河武蔵野が7枚替えの準備。これにはスタンドがざわざわと。しかし練習試合だとファウルが少なく、なかなか試合が切れず交代できないで待たされるの図。

2011032704

大竹。

2011032705

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

停電は別にいいんだけどさ

東電、夏の計画停電は避けられない見通し

「地熱や風力などの『新エネルギー
は400キロワットに過ぎない」って、何かの冗談だと思いました......。

太陽光発電世界1位――ドイツのソーラー事情

ドイツは本気である。そう感じさせた再生可能エネルギーのシナリオ

元ネタは、同じIT Mediaから。

冬の間は雪に閉ざされてるドイツに出来て、冬の間太平洋側は殆ど雨の降らない日本で何故できないのだろう。そりゃ、風力や太陽光発電で万事解決ってわけにはいかないだろうけど、それにしてもリスクヘッジしなさ過ぎだだろJK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

金町といえば、東京の水は柏の下水なんてゲーフラあったな

60年代前半生まれとしては、子供の頃に今では御法度の合成着色料とか合成甘味料とか合成保存料とかを摂取してるわ、小中学校はアスベストがいっぱいあったし、光化学スモッグは浴びてるわ、粉塵混じりで灰色の雨の中遊び回ってるし、大人になっても受動喫煙はたくさんしてるわ、農薬まみれの食品も多分たくさん食ってるわなので、水に少々放射性物質が混じってたくらいで、自分の健康リスクが高まるとは到底思えん。

それより、江戸川の水が調布と狛江を素通りして、多摩川さえも乗り越えて町田に届けられているのにはかなり驚いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

停電時のネット接続

情報入手はラジオだけにしておけ、というのはちょっと置いといて。どうしてもという場合の検討。

PCは、ThinkPadが会社からの貸与品も含めると4台あるので、順番に使えば相当持ちこたえられる。他にデスクトップが3台あって、なんでこんなにパソコンがあるかは突っ込んでくれるな(苦笑)。

[接続案1 アナログモデム復活]
うちは普通の固定電話だし、モデムはThinkPadに内蔵なのでつながるはずだな。J:COMやNTTからIP電話セールスのコールがあるたびに「危険分散のため、固定電話はやめません」と言い続けていたが、本当にそんな日が来るとは。

モデムケーブルどこにあったっけ。捨ててはないはずだけど。
おっと、プロバイダ(ニフティ)は光コースにしているから、別途申し込みが必要だな。

[接続案2 WiMax]
4台のThinkPadのうち1台がWiMax機能を内蔵している。
ニフティで初期登録料、1ヶ月目の使用料金無料キャンペーンをやってるので、日曜に申し込んだ。接続できるのは確認済。というか、そもそも接続できないと申し込めない仕組みになっている。

でも考えてみたら、停電になるとWiMaxの基地局も停電するのかもな。こればっかりはその状況にならないと分からんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

停電をちょびっと経験しました

昨晩職場から出たら、周囲が真っ暗でした。あと、帰りに乗った駅までのバス路線の両側も殆ど。停電です。職場は通電地域の一番端にあったようで、道一本どころではなく本当に塀一枚隔ててこっちは煌々と明かりがともり、あっちは街灯や信号も点灯していない暗闇なのは不思議な光景でした。

この資料(注)だと、自分の住む調布市で停電があり得るのは国領駅から調布駅を中心とする南北地域だけ。今日もそうですね。これはこれで住民から不満が出るだろうなあと思うし、地域を細かく制御できる技術がホントにあるのかしらとも思う。あまりに細かく区切って停電運用を行うと、それはそれでミスを誘発するので、こうなっている可能性もありますが。

(注) 上記のPDFは3月16日夜間の時点で掲示されていた版をこちらで保管したものです。最新の情報は調布市のページ東京電力で確認してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

こんな時だから

「こんな時だから仕方ない」「頑張っている人がいるのに不謹慎」

災害報道のテレビやツイート、ブログを見ると、時々こんな言い方に出くわす。

でも、仕方ないこととそうではないこと、不謹慎なこととそうではないことの区別ははっきりさせるべきだろう。例えば3月中のJリーグ中止は仕方ない。安全と勝ち負けの公平性確保のためにはそうするしかない。輪番停電も仕方ない。電力量が足りないのだから。

でも、停電の周知方法への批判は当然するべきで、「原発に人を取られているからしょうがない」と言って我慢すべきではないだろう。周知の不手際のせいで多くの労力と時間が無駄になっているのである。チラシで「あなたの町はグループ3です」みたいなものをなぜ各戸に配らないのか?

また、通常に生活できる人は、被災者や原発最前線の人のことを心の隅に置いて、一所懸命仕事して金を稼いで、娯楽を大いに楽しんで、世の中にお金を回すのが長い目では一番いいと思う。今月下旬の代表戦も、開催の方向で努力して欲しい。

もちろん、今はそんな気になれないという人に強制するつもりはない。

ただ、単なる空気読みで普段の活動を止めるのは無意味、と感じるのである。


I read it in the papers
There's death on every page
Oh Lord I thank the Lord above
My life has been saved

- My Life Has Been Saved / Queen

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

14日の輪番停電計画

東京電力のサイトが全然つながらないので、プレスリリースのPDFをここに貼っておきます。

ダウンロード teiden20110313.pdf (481.8K)

これは朝日新聞のこの記事から入手したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

次節のtoto対象カードを見て

20110309

3/12  新潟対山形

新潟は木曜金曜と雪の予報だし土曜もちょっと降るみたい。山形はボランティアがスタジアムの雪かきしたそばから降雪だしで、もし犬飼氏がJFA会長のままだったら「日程君テラ挑戦的wwww」って話題になってただろうな。

今のところ新潟市の積雪量はゼロということだが、アウェイサポが来られるのかも含めてホントに人集まるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

今は勝つことが大事(J2第1節 鳥栖戦)

2011030701

2011030702

選手のコンディションと現時点でのチームの完成度は、明らかに鳥栖の方が上だった。前半30分過ぎの枠に当てられたやつが入っていたら、はたして勝敗はどうだったか。んーー、最悪でも引き分けにはできたかな。平山の高さといい、今野の対人戦の強さといい、達也のドリブルテクニックといい、パスの精度といい、個人能力では明らかに鳥栖と差があり、そこでねじ伏せることは可能だったと思う。

エルゴラのインタビューを読むと、大熊さんは「選手自身に考えさせること」を重視しているようで、だとしたら、まともな形になるには結構時間がかかるだろう。幸いなことに最初の5試合は地力の差が比較的大きい相手である。この期間を利用してある程度の形を作れるか、そのあとアウェイで横浜FC、千葉、ヴェルディ(これは味スタ開催だけど)と当たるときに、内容を伴った結果を残せるかが今年の分かれ道だろうな。

ところで、決定機でGKに当ててしまったセザーにルーカスとカボレが重なって見えたような。あれ、気のせいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッス、来日延期(´・ω・`)

キッス公演延期のお知らせ(ウドー)

いま分かっているのはこれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

J開幕直前特別企画「J2全クラブのチアガール調査」

まぐパパさんのエントリーにインスパイアされ調べてみました。構想3秒実働30分グーグルで調べるだけのやっつけ仕事です(笑)。でも、自分の楽しみのために調べたなんてことは決してありません!(キリッ)。

 

続きを読む "J開幕直前特別企画「J2全クラブのチアガール調査」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

新首相は今野泰幸

首相じゃなくて主将です。ATOKめ......。

ここから先は、またもや嫁の受け売り。

1月のアジアカップ決勝戦。ザッケローニ監督から今野をボランチに上げる指令が出たが、今野自身が×を出して異動を拒否したのは有名なエピソード。×の理由は「足を痛めていたから」とか「今回の代表の練習で一度もやってなかったから」とか諸説ありますが(参考記事)、いずれにせよ今野自身が「出来ない」と判断したことに変わりない。

この「今野がボランチ拒否」の話を最初に聞いたときには「待て待て待て待てw本職だろうがwwww」と笑ってしまったのだが、ここで嫁の鋭い一言。

「今ちゃんが自分から『出来ない』って言えるようになったのは進歩じゃないの?」

うーむ、確かにそうだ。基本的に今野は「監督のしたいサッカーを実現させるために頑張る」という人。過去のインタビューで読んだことがある。この頑張りは悪いことじゃないけれど、「監督のしたいことが今ちゃんのすべてなの? 自分の理想とするサッカーは何なの?」という物足りなさがあったのも事実。それに比べると進歩したと言えるかも。前にも書いたけど、代表の経験をFC東京にフィードバックすること、それこそが彼自身とクラブチームの成長につながると思います。


以下余談。

VHSのテープを整理していたら、2003年ワールドユースの録画が出てきた。中身は準々決勝の日本対ブラジルだったけど、見た記憶は全くなし。見直してみると今野に徳永に平山が出てるし、谷澤も出てる(ついでに規郎も出てる)。監督はもちろん大熊さん。今年の東京には、2003/2005ワールドユースのメンバーがずいぶんたくさん集まったものだねえ......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

キッス、前回の大コケに懲りず10回目の来日

ホール&オーツの武道館公演で、席においてあったチラシがこれ。

20110301

いやしかし、これにはさすがに驚きましたね。キッスが去年ヨーロッパを元気にツアーしてたのは知ってましたが、前回の不入りに懲りてもう日本には来ない、少なくともウドーの招聘には応じないだろうと思ってましたから。実際、スマッシュがフジロックへの出演交渉中という話も、去年か一昨年どこかで聞いたし。

前回2006年のウドーフェスでの不入りは、キッスが悪いわけではないのです。すべてはウドーの企画ミスなのです。詳しくはこちらをご覧ください。

リンク先にある「後ろを振り向いちゃ駄目だー」には涙が出ますね......。でも、彼らはプロフェッショナルですね。

私は多分、武道館公演に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »