« コパ・アメリカ出場辞退 | トップページ | 一発芸 (copyright by 嫁) »

2011年4月 6日 (水)

クイーン重箱の隅アルバムガイド「戦慄の王女」

えー、前回書いておくべきだったのですが、私は基本的にブートの類はチェックしてません。よって音源についての記載で「それはxxxというブートで既出...」なんて思う方もいるかもしれませんが、その辺はスルーでよろしくお願いします。

ようやくHMVから届いた初期5枚。今回はEU盤でそろえました。発売順に取り上げていきましょうか。


Queen (邦題『戦慄の
王女』) 1973年発売(日本では1974年)

2011040501

(Island 276 387 9)

1. Keep Yourself Alive
2. Doing All Right
3. Great King Rat
4. My Fairy King
5. Liar
6. The Night Comes Down
7. Modern Times Rock 'n' Roll
8. Son And Daughter
9. Jesus
10. Seven Seas Of Rhye...

bonus EP
1. Keep Yourself Alive (De Lane Lea Demo, December 1971)
2. The Night Comes Down (De Lane Lea Demo, December 1971)
3. Great King Rat (De Lane Lea Demo, December 1971)
4. Jesus (De Lane Lea Demo, December 1971)
5. Liar (De Lane Lea Demo, December 1971)
6. Mad the Swine (June 1972)

わたし時々、邦題を「戦慄の女王」と言い間違えます。つい今も、この記事の標題を打ち間違えた......。

ネットで検索しても間違えて覚えている人がそこここに。ついでに言うと、「女王」の国語審議会的に正しい読みは「じょおう」です。「じょうおう」ではありません。これ豆知識な。

でもQueenだったら女王ですよね。なんで王女になっちゃったかは、ここに当時のレコード会社、ワーナーパイオニアの担当ディレクター氏の話が載ってますので参考にしてください。


さて昔の日本盤LP(アメリカ盤LPも)は、Queenのロゴ色と位置が今と違っていました。あと、ジャケット全体の色合いもずいぶん異なります。私のようなオールドファンにはこっちがなじみ深いですが。

2011040502

(ワーナー・パイオニア P-10118E)

下の写真は左から1991年アメリカ盤CD、1994年イギリス盤CD、2004年日本盤紙ジャケ。CD化以降は、本来のデザインに統一ということですね。あれ。いま気がついたのですが、フレディ人形の比率がLPとCDとではずいぶん異なりますね。

2011040503

今回、ディスク上の曲名表記で最終曲のSeven Seas Of Rhye... の最後の"..."が久々に復活しています。

2011040504

あと、ジョン・ディーコンの表記がDeacon Johnとなっていますが、これは誤りではなくてわざとです。デビュー直後のBBCライヴでもそう紹介されていました。

肝心の内容ですが、このアルバムは足かけ3年を費やして作られたもので、そのせいかデビュー作としては異様に完成度が高いものとなっています。クイーンで一番ハードロックしている作品ですが、後のバラエティに富んだ曲調の芽は、ここでほぼすべて見えています。

また同時に、オーバーダブに凝りすぎたのでしょう、音質も異様です(なのでリマスターの効果はあまりない)。でもその異様な音質が、むしろフレディ作の変態チックな曲の印象を強めています。この変態度は次作でもっとエラいことになったのですが。

お楽しみのボーナス曲ですが、今回の再発で一番充実しているのはこのアルバム。実は私もこっちから先に聞きました。

Jesusは中間部でブルージーなギターソロがフィーチャーされていて、これはこれでなかなかよいです。でも、最終的にこのソロを落としたのは正解。Son And Daughterの次にこれが来るとToo muchだわ。

Liarは、あの特徴的なハンド・クラッピングがないのでガクッときますなwwww。そんで...The Night Comes Downはそのまんまというか、これをリミックスしたのが正式版じゃね? (ライナーをよく読んだら、ちゃんと書いてました)


最後に、私のイチオシトラックで締めます。

Great King Rat (iTunesリンク)

クイーンの曲はどれも愛唱曲なのですが、その中でも特に高頻度で歌っていた(つまり通学の自転車上でシャウトしてたということね)のがGreat King Rat。

Great King Rat ('75年5月武道館?) (YouTube)
Great King Rat - McQueen (これはコピーバンド) (YouTube)


♪ウデュンニュライクトゥノー、ウデュンニュライクトゥノー、ピーポーピーポー♪


あぶねえ中学生だったな......

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

|

« コパ・アメリカ出場辞退 | トップページ | 一発芸 (copyright by 嫁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/51307919

この記事へのトラックバック一覧です: クイーン重箱の隅アルバムガイド「戦慄の王女」:

« コパ・アメリカ出場辞退 | トップページ | 一発芸 (copyright by 嫁) »