« クイーン重箱の隅アルバムガイド「オペラ座の夜」 | トップページ | パソコン節電策 »

2011年5月 9日 (月)

『J2なめてました』 (J2第11節 対富山戦)

2011050901

勝ててよかった。

先発メンバーやポジションを入れ替えたせいか、最初の20分間はひどい内容。連係も何もなく、個人が仕掛けるだけ。北斗のトラップがことごとく大きくなっていたのには、体調面での悪さも感じられた。連戦はきついでしょうけど、東京は再開後は千葉県と都内で4連戦ですから他クラブよりは相当有利だったはずだよね(富山の交代がすべて負傷理由だったのは偶然じゃないと思う)。

富山は1トップに黒部...でなく苔口がいることが多かったが、トップにちゃんとボールを収めて落とせるので、2列目が前を向いていいミドルシュートを打つことが出来ていた。ていうか、縦パス簡単に入れられ過ぎだろ。相手FWとの接近戦なら今野森重がやられるイメージは全くないが(除くオーロイ)、ミドルは入っちゃうことがあるからなあ。

それでも上里や森重がミドルを放った頃から良くなってきて、前半最後の10分は厚みのある攻めが出来るようになった。これで後半は期待できると思ったら、ハーフタイムでなぜかリセットされてしまい、またもやグダグダの展開に。ハーフタイムに何を指示したんだ......。後半から富山がやり方を変えた訳じゃなかったよね?

そこで思ったのは、これは印象だけが根拠でビデオでちゃんと確認していない上、小平にも行ってないので話半分以下で結構なのですが、東京の問題は攻撃だけじゃなくて守備にも割とあるんじゃないかなあということ。攻めと守りは表裏一体ですから、当たり前っちゃあ当たり前ですが。

相手ボールになった瞬間の守備で、東京の選手が複数でボールを奪いに行くことがない。まず4-4のブロックを作る。ボールに行くのは一人のみで、そこでボールを奪えることはほとんどない。それは監督も分かっていて、ブロックでボールを奪えればよいと考えてるんじゃないかと思う。今野と森重の存在もあるし。

でもそれだとボールを奪う位置はどうしても低くなるし、そこからの組み立てが今はうまくいってない(梶山は本調子でない。上里起用も成功したとは言えない。徳永にパス出しを求めるのは酷。連係自体も出来てない)ので、チャンスの芽を自らつぶしてしまうことが多いのではと。

縦に早く行くのなら、もっと高い位置で複数人で奪いに行く守備をした方が...というのは隣の芝生なんですかね。

 

ここから先は羽生さん祭りです(熊さんって羽生とか大竹とか、レンタル中だけど松下の評価って低いよな...。羽生さんは「試合を俯瞰して見る目」「ボールに触れずに試合を動かすゲームメイキング」という点では日本で一二を争う存在だと思うんだけどなあ。ちょっとワールドユースメンバーを重用しすぎじゃない?)

2011050902

2011050903

2011050904

2011050905

2011050906

2011050907

2011050908

2011050909


にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« クイーン重箱の隅アルバムガイド「オペラ座の夜」 | トップページ | パソコン節電策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/51626076

この記事へのトラックバック一覧です: 『J2なめてました』 (J2第11節 対富山戦):

« クイーン重箱の隅アルバムガイド「オペラ座の夜」 | トップページ | パソコン節電策 »