« 生首キター | トップページ | もげろ »

2011年5月18日 (水)

そうだ、小平行こう(J2第12節 対草津戦)

J Sportsを録画してのテレビ観戦。

うまねんblogの murata さんに怖いこと言われてたので、命がけで見ましたよ、草津戦。視聴後の黒ラベルの進むことといったら! もちろん悪い意味でです。

でも、視聴後最初の感想は「思ったほど悪くなかった」でした。どれくらいかというと、最近だと岡崎慎司が入団するかしないかの頃のシュツットガルトや、早野宏史体制末期の柏よりはマシだったということ。って、比較対象が悪すぎますかそうですか。まあこれら2チームは険悪な雰囲気だったもんな。

ともかく、あくまでも「思ったほど」であって、富山戦から進歩していたかというと全然ノー。まず高松に当てて、というところは徹底されていたと思うし、そこからいくつかのチャンスは作った。でも「当てて、拾う」以上のチームプレーは無かった。多分指示なんだろうと思う。崩して点を取ろうという意図はないようだ。だもんだから、高松を失ってからは打つ手ナッシング。

草津は追い越す選手の運動量に、ワンタッチパスの回数と精度、ブラジル人2トップとプレイメイカー熊林の連係など、まったくもって王道の戦い方で、強くてうまかった。中盤を省略してたようにも見えなかったし、これは東京の順当負けです。

見ていて困ったなぁと思ったのは、選手に自立やアイディア出しを求めている監督が、実戦で窮地に立ったときにスクランブルのパワープレイしか指示できないこと。これじゃ選手はついて行けないんじゃないか。エルゴラの梶山や森重のインタビューも、行間に不信感がにじんでたし。

とはいえ、選手にも「なんだかなぁ」なプレーがいっぱいある。1失点目も2失点目も人はいるのに、後ろからゆっくり追いかけてて、何の足しにもならない選手が複数いた。特に2失点目のところでは、東京の左サイドで数的不利を作られた瞬間、阿部巧が「え?え?梶山さん助けに来てくれないの?」というような表情を見せたのが、もうなんと言うか。

これは小平に行って、この目で見てみたいと強く思いましたよ。勤務があるので行ける可能性は限りなくゼロに近いですけど。練習の雰囲気を知りたいですし、小平で出来ていることが試合では出来ないのか、それとも小平でトンチンカンな練習をしているのか、そこが知りたい。納得したい。

......まさかまさか、小平で練習していないなんてことはないよね?

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 生首キター | トップページ | もげろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/51705596

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、小平行こう(J2第12節 対草津戦):

« 生首キター | トップページ | もげろ »