« 挑戦心も遊び心も感じない(J2第9節 対札幌戦) | トップページ | いや、もういきなり正念場でしょ(J2第10節 対ヴェルディ戦) »

2011年5月 3日 (火)

Play!(J2第9節 対札幌戦)

2011043001

2011043003

ペドロ・ジュニオール出場後の約40分間の、なんとまあ退屈だったこと!  彼の一発に賭けた大熊さんの考えも分からないではないです。しかし交代後の動きを見ればその可能性が低いのはすぐに分かったはず。スピードはないし、回りも見えていない。それでもって、その次の交代が遅く、しかも北斗一枚だけだったのが直接的な敗因(って負けてはないのですが)だったのでしょう。あそこは二枚替えで勝負に行くべきだったと思います。戦術的なことで言いたいことは以上。

 

それよりも気になったのは、選手たちの元気のなさ。必ずボールを足下で一度止めてからパスを出す、サイドでえぐろうとせずクロスを選択する、ドリブル突破でファウルを取ろうというチャレンジをしないなど、安全なプレーばかりを選択しているように見えます。失敗を極端に恐れているように見えます。

札幌戦において、1対1の局面では東京の選手は決して負けていませんでした。むしろ常時勝っていたと言えるでしょう。でも集団になると何であんなプレーになる?

昨季リーグ戦終了後に前社長が「真のエリート」という言葉を持ち出して来たときには、正直言って「社長からしてピントがズレてるよな」と思ったものですが、ひょっとしたら選手たちが「真のエリート」という言葉に縛られてるんじゃないでしょうか。うまく説明出来ないのですが、「真のエリートにならなきゃ、ならなきゃ」という意識が強すぎてなんだか変な方向に行っちゃってるというか。

まずはplayしましょうよ。相手の裏をかいたら楽しいでしょ。パスで振り回したら楽しいでしょ。ドリブルでぶち抜いたらざまぁと思うでしょ。ほいでもってゴールを奪うのが最高に痛快なはずでしょ。そのために頭脳を使うんでしょ。戦術はその一助でしかないはずでしょ。footballを存分にplayしましょうよ。

2011043002

相変わらず親指立てて走ってたので安心しました。いいプレーぶりだったと思います。

2011043004

2011043005

  

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

|

« 挑戦心も遊び心も感じない(J2第9節 対札幌戦) | トップページ | いや、もういきなり正念場でしょ(J2第10節 対ヴェルディ戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171265/51568810

この記事へのトラックバック一覧です: Play!(J2第9節 対札幌戦):

« 挑戦心も遊び心も感じない(J2第9節 対札幌戦) | トップページ | いや、もういきなり正念場でしょ(J2第10節 対ヴェルディ戦) »